人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49
室津遊郭
at 2019-11-24 13:51
姫路夢前新地、中門新地
at 2019-11-22 12:13
伊丹新地と五番街
at 2019-11-17 14:32

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

花街 元林院ぞめき 六

f0347663_15475130.jpg
                      たまきさんの店内から
f0347663_15585389.jpg
   外から

現在カフェーを営む“たまき”さんはもと元林院の玉喜席という芸妓置屋でした、昭和31年に今のママのおじいさんがショットバーに改業し店のなまえもタマキに改名しました。

ところが心無い人がマに線を付けタヌキと店の看板に悪戯をしたので平仮名のたまきにしたとの事です。

店の門構えは狭いものの、京の町屋同じで奥に長く中庭をはさんだ向こうは中二階建ての構造で、置屋時代には十人ほどの芸妓さんがおり、菊水や奈良ホテル等にお座敷かよいをしました。

色々、いろいろお話を伺いましたが、置屋時代、お馴染みの商店街の玩具屋の旦那が遊びに来て子供におもちゃをくれたそうです。

本来置屋に客が入るのは好ましくなく、祇園ではアブラムシなどと言われていました。

元林院では別に咎められた行為ではありません。ただ芸妓は絶対芸妓姿を置屋では見せなく、玩具屋さんも、玉喜席で一服したあとは、座敷でその芸妓を揚げたそうです。

ショットバーになってからは元芸妓が洋装でショットバーの接客係りとして働き、全員が結婚などで片付くまで店は面倒をみたそうです。

現たまきさんでは美味しいコーヒーを頂くことが出来ます。なんとなく入りにくい店構と私には思えましたが、お話好きのママとケーキ目当ての若い女性のお客さんが入れ替わりこられておりおすすめです。

さて、『写真アルバム奈良市の昭和』樹林社、には奈良ホテルが米軍にレクリエーション施設として接収されている期間中の昭和26年頃、奈良ホテルの進駐軍のパーティで接待する元院林の芸妓の写真が載ります。

さらに昭和29年ごろの写真では、元林院の芸妓置屋・京豊の芸妓たちと主人が全員胸のB.Socksの名が入ったおそろいの野球ユニホーム姿で収まっています。これは京富の主人の父親の野球好きが高じ仮装した時の記念のようです。

また、昭和30年代には元院林の中学適齢時のため、三笠中学校に特殊学級が設けられ、毎日正午から4時まで勉学に励み中学卒業資格を得ることが出来たと書かれていました。

昭和三十三年二月二十四日の大和タイムスによると三月五日に奈良市丁別館にて元林院芸妓組合主催『邦楽会』の番組決定の記事が載り、出演者として小紀美、里菊、豆らく、若太郎、お染、玉喜久、ひで丸の名が見えます。

昭和30年代には芸妓数は50人を切り、昭和43年のオイルショックを機に高度成長期も終わりを告げ、同52年の奈良市庁舎移転による人の流れの変化は、元林院の置屋経営に大きな打撃を与えることになりました。

f0347663_15595714.jpg
                    奥はトイレのドア
f0347663_16005712.jpg
                 玉喜席の玄関前、お抱え芸妓、一若と宝恵籠
f0347663_16071922.jpg
玉喜席、人丸と男衆


by gionchoubu | 2019-01-27 15:48 | 亡くなった奈良の遊廓 | Comments(0)