人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49
室津遊郭
at 2019-11-24 13:51
姫路夢前新地、中門新地
at 2019-11-22 12:13
伊丹新地と五番街
at 2019-11-17 14:32

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

大和郡山 洞泉寺遊廓ぞめき 二



f0347663_11145497.jpg

明治十一年、郡山に検黴所が設置され娼妓は毎月六回検査を受けました。

『奈良県統計書』によると、奈良県添上郡郡山洞泉町には

明治12 貸座敷12  娼妓61
  13    12    67
  14    11    50
  15    12    59
  16    13    57
  17    13    50
  18    13    53
  19    12    34

明治二十四、五年ごろ遊女が表通りに面する格子の中におり、これを遊客が品定めをするという張店は禁止されると、洞泉寺遊郭でも、貸座敷の中で娼妓を見せる陰店に改造しました。

又入り口に角行燈を出し、娼妓に全て客がつくと行燈をしまい、応ずる娼妓がいないことを遊客にしらせました。

ただこの陰店も大正十三年十月三十一日で禁止されると、以後は写真で娼妓を選ぶ様になりました。

その直前の大正七、八年頃は財界好況時代で洞泉寺遊郭も大いに賑わい、娼妓一人、一ヶ月に千円近い花代を稼ぐ妓おり、日々銀行に預けに行くのも決まり悪く、暫らく一室に為置いてかためて持っていくという話もありました。

妓楼の店構えも立派、客扱いも親切、気楽に遊ばしてくれると評判もよかったようです。

大正十一年に納屋と蔵が大正十三年に本館と座敷棟が建てられた川本楼が現在町物語館(旧川本邸)として一般公開されています。

見事な木造瓦葺三層楼で、三階は三畳の客間八室、四畳半の客間一室、八畳の客座敷、便所

二階は三畳の客間六室、四畳半の客座敷一室、九畳の案内所一室、髪結場とプライベートとおぼしき部屋が四室

一階は茶室、大広間、中庭、浴室、料理坊、帳場、仏間、会計部屋、便所など、

面白いのは娼妓溜の部屋が玄関を入ったすぐ左にあり、これは表向きは写真で娼妓を選ぶ事になっていたものの、所謂陰見世として、遊客は娼妓を実際目で見て女を選べた機能を持っていたのではないかと思います。

川本楼ができた大正十三年に陰店は禁止になりましたが、実際どのような状況だったかは今後の課題として残ります。

現在この建物は登録有形文化財として大和郡山市が所有、耐震工事の後、平成三十年一月より一般公開が始りました。

兎に角関西では、島原の角屋、橋本の貸座敷群、七条新地(五条楽園)と並び、遊郭に興味のある人なら絶対見ておくべきだと思います。

『全国遊廓案内』昭和五年発行によれば、すぐ近くの東岡遊廓より、建築に於いても、設備に於いても、その他あらゆる点において一歩譲っているとのこと。

貸座敷は十七軒で、遊興は時間制か仕切花制、廻しはとらず、娼妓は送り込みで、店は写真式、台の物は付かないと、東岡遊郭と同じです。

又遊興料金も東岡遊郭とほぼおなじでした。

f0347663_11194042.jpg

f0347663_11185425.jpg
f0347663_11460594.jpg
f0347663_11151503.jpg
f0347663_11153754.jpg
3階の客室
f0347663_11162547.jpg
f0347663_11164720.jpg
f0347663_11452262.jpg
f0347663_11155751.jpg
f0347663_11180326.jpg
f0347663_11391119.jpg
台の物は別だ・・・

f0347663_14320687.jpg
陰店(娼妓溜)

f0347663_14325260.jpg
陰店から二階までの娼妓専用と思われる階段


by gionchoubu | 2018-11-24 11:24 | 亡くなった奈良の遊廓 | Comments(0)