人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24
花街の建物関連焼き物にも..
by こうざん at 22:21
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 15:40
米子灘町遊廓ぞめき 四 ..
by こうざん at 14:41
祭日の一日、貴ブログ八幡..
by こうざん at 14:52
花街関連用語教えていただ..
by こうざん at 00:16
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 16:34
早速お読みいただき有難う..
by こうざん at 12:28
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 10:49

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

京都パンパン赤線時代  七十四
at 2019-07-21 11:58
伊丹湊町の花街と伊丹新地
at 2019-07-16 11:33
花街ぞめき 4
at 2019-07-14 19:10
伊丹の遊郭、花街、青線
at 2019-07-12 11:35
奈良 木辻遊郭ぞめき 四
at 2019-07-08 11:26

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

大和郡山、洞泉寺遊廓ぞめき 一

f0347663_17070859.jpg
                   町家物語館 旧川本邸

奈良には赤線が三箇所ありました。一つは奈良市の木辻の遊郭、残りの二つが大和郡山市の洞泉寺(とうせんじ)と東岡(ひがしおか)の遊郭でした。

この二つの遊郭が郡山にもたらした税金は計り知れないもので、まだ赤線時代の昭和二十八年に当時の郡山町長が発行者として非売品として世にでた『郡山町史』では

「遊里の存在は都市の繁栄に影響するところ甚大であると共に社会風教に関連することは云うまでもないが、遠近より蝟集する遊客によって一般商家の営業に潤いを生じ、土地の殷賑を来し、延いて隆盛発展の因由となり、自然文化施設の促進を招来するものであるから、その起源や変換に関心を持つことは都市発達史上からも観過し得ないものである。」

遊郭にここまで肯定的な市史、町史、県史は見たことがありません。

さて、同史によると、郡山の傾城町はもともと雑穀町の南辺にあったのが元和年間、水野日向守信之の城主時代、洞泉寺の北の元牢屋敷跡に移されたらしい。ただその次の城主、松平下總守忠明が入部の際悉く追い払って田畑になった、とあります。

元和年間(1615~1620)といえば京都では島原以前の六条三筋時代、江戸で元吉原が開廓された時代、まだ奈良の木辻遊里が公許になる以前の話であります。

さらに大阪の新町遊郭も営業前です。郡山の遊所が城代による公許のものだったら、幕府でなく藩許の遊郭としては屈指の歴史を持ったことになります。

一度無くなった洞泉寺の遊里はいつの頃か再び廓になりました。ただ遊所番付には載らず、柳沢淇園も触れず、どんな様子だったか分かりません。

郡山藩は、三重の亀山、丹波笹山、大阪高槻、滋賀の膳所藩とあわせ、御所の守護を主とした京都月番の後火消役を務めており、京屋敷をもっておりました。これが洞泉寺の遊郭にも何らかの影響を与えたかもしれません。

幕末頃には尾張屋、越後屋、錦仙、笠亀、石橋屋、泉熊の六軒が店を並べており、吉原のような張見世があり素見(ひやかし)格子が作られ遊客は格子によりそって遊女と冗談口をきくような雰囲気だったといいます。

洞泉寺には、以前孤忠信に扮する千両役者は必ず参拝したといはれている有名な大和の源九郎稲荷があります。


by gionchoubu | 2018-11-18 17:33 | 亡くなった奈良の遊廓 | Comments(2)
Commented by 文車 at 2018-12-13 21:52 x
ぞめき様、お久しぶりです。
本日、事始めで各花街の芸舞妓が芸事の師匠へ挨拶に参りました。

さて、大和郡山の岡町、洞泉寺の各遊廓跡を数年前、見物しました。前者は荒廃が進み怪しい雰囲気を醸し、後者は美しく保存されています。三階建ての元妓楼「川本家住宅」は誠に素晴らしい姿を残しています。修復前だから入ることは出来ませんが機会があれば見物致します。しかし保存状態の高い元妓楼群が解体の危機に晒されている事を風の噂で聞きました。他所が口を挟むことは禁物ですが大和の花街の面影を伝える財産なので地元で守ってほしいです。
Commented by gionchoubu at 2018-12-14 14:47
> 文車さん

地方自治体が遊廓の建物を耐震までして無料で一般公開なんていう話は聞いたことがありません。もちろん遊郭の存在を忌み嫌う人も郡山にいらっしゃるでしょうが、市に税金面で多大な貢献をしたことを、経済に多くの利を放ったことを知っている人もいらっしゃったという事だと思います。
それにしても、大和郡山になぜあんな大きな木造三層楼が存在しえたのか尋ねあぐんでいますが、答えは見つかりません。