人気ブログランキング | 話題のタグを見る


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった山陰の游所
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
亡くなった東海の花街
亡くなったその他の遊所
亡くなった日本の遊郭
亡くなった四国の游所
未分類

以前の記事

2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 01月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

> 花月さん 私も気を..
by gionchoubu at 15:53
ぞめき様 お返事ありが..
by 花月 at 13:14
> 花月さん コメント..
by gionchoubu at 23:52
初めまして、角屋の建築に..
by 花月 at 02:02
お返事ありがとうございま..
by kinsan at 18:15
> kinsanさん ..
by gionchoubu at 21:56
上京の雇中居倶楽部はどこ..
by kinsan at 17:51
> ケルシーさん コメ..
by gionchoubu at 07:51
すみません、最近にぞめき..
by ケルシー at 00:47
気になって町名を調べまし..
by 箕山 at 19:33

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

昭和33年12月の京都府の旧赤線
at 2022-05-27 22:57
西木屋町 乙女倶楽部 その三
at 2022-05-23 09:43
西木屋町 乙女倶楽部 その二
at 2022-05-20 10:24
西木屋町 乙女倶楽部 その一
at 2022-05-06 12:45
甲府若松町の花街
at 2022-04-12 21:04

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

大和郡山 岡町ぞめき五

大和郡山 岡町ぞめき五_f0347663_15164264.jpg
               廃墟の間に立つ違和感の多い公衆電話

昭和三十三年二月五日の『山和タイムス』によると売春防止法施行前に、郡山芸者斡旋所では芸者の通称“あかし花”を廃止すると発表しました。

これは売春防止法、風俗取締法の完全施行から料理屋が午後十一時で営業をうちきるので、必然芸者の“あかし”もご法度となったもの、で今後芸者があかし花を別にして生活がなりたつかが最大の問題となっている、という記事がのりました。

『全国遊廓案内』によると明し花は・・・芸、娼妓を客室に一夜を明さす時に附ける代金、という説明がなされています。

戦前でも芸妓の売春は当然法律違反で、娼妓の鑑札を持った女のみが合法で、芸妓で男を取る場合は芸妓鑑札と娼妓鑑札両方持つ、いわゆる二枚鑑札が必要でした。

花街では一部の芸妓を除き売春は広く行われていました。ただこれを公にするのはタブーで、『全国花街めぐり』で松川次郎はこれにかかる費用を特別祝儀という言葉で以って全国の芸者の相場を知らせてくれました。

勿論一流の花街は別で、例えば東京の新橋では「特別祝儀の利くのは無論三流以下の妓で~」とあります。

大和タイムスにこの記事が載った時にはすでに娼妓は存在せず、旧娼妓は酌婦の名目で客をとっていました。

大和郡山の岡町に芸妓がいたのは、郡山東岡、岡町検番があった事でも間違いなく、この岡町検番が出した『新地 岡町小唄 郡山行進曲』(大和郡山市立図書館所蔵)が有りますので紹介させていただきます。

岡町小唄 谷しめ子作曲

一、古ゝは郡山さくらの頃を
   赤い白いのかほさへおぼろ
    うかれてるよな花吹雪ヨ

一、駒止めさくらに城址跡のお宮
   お堀めくれば龍華山よ
    春の郡山花の里ヨ

一、夜のとばりが廓を深めりゃ
   白い襟足イットの香り
    恋の岡町灯がおどるヨ

一、つらい浮世をたれ故赤く
   咲いて咲かせた廓の花は
    霧の情でよみがへるヨ

一、古ゝは郡山廓の夕
   鹿乃鳴く音はき古へをせぬが
    いきな音じめが耳につくヨ

祗園小唄のように四季が入ると年中お座敷で踊れますが、岡町小唄は春のイメージが強すぎるようです。

郡山行進曲 谷歌水 作詞曲

一、行きによろうか戻りによろか
   ゆきも帰りもよらずにやすまぬ
    あの子待つ街ホンニソダソダ恋の街

一、足をとめるは駒止めざくら
   思い残すは城跡のお宮
    妾しやあなたとホンニソダソダ気を残す

一、更けりやいや増ちて想ひは募る
   つのる思ひに逢へない夜は
    わざとうかれてホンニソダソダ泣くわたし

一、誰に語ろぞ妾しのハート
   秘めた乙女のあのカーフラブよ
    あなたありゃこそホンニソダソダ苦労する

一、心一すじ矢田町通り
   蝉もさ、蝉もうかれて通る
    通りや賑うホンニソダソダ柳町


大和郡山 岡町ぞめき五_f0347663_15191783.jpg
                      以前の画像
大和郡山 岡町ぞめき五_f0347663_15195150.jpg
                    現在のその裏側(奥の旅館の裏)
大和郡山 岡町ぞめき五_f0347663_15211414.jpg
       東岡町の近くの山新地、大門湯(かつて遊廓入り口に大門があったか?)
       東岡町銀座・・・新聞に載れどどの辺りか不明、NTTの電話機とともに
       未消化のまま、一旦東岡町遊郭跡を離れます。

→地元のかたより情報頂き、東岡町銀座は存在しなくて、近鉄郡山駅から東岡町に至る商店街を銀座通りと言う事でした。


by gionchoubu | 2018-11-14 15:26 | 亡くなった奈良の遊廓 | Comments(7)
Commented by 箕山 at 2022-05-03 00:29 x
近くで生まれ育ちましたが、我が家では岡町は行ってはいけない場所。。なので興味深く読ませていただきました。
東岡町の北側は南郡山町なのですが、私が子供の頃は「箕山新地」を使っていました。祖父の戸籍を確認したところ南郡山町になっていますので、通称として使っていたのかもしれません。ちなみに自治会名は今でも箕山新地のはずです。
もう一つ、東岡町銀座ではなく、たぶん銀座通り商店街のことだと思います。近鉄郡山駅から線路に沿って岡町の手前までの通りは、以前、銀座通りと言っていました。今では人通りも少なくひっそりしていますが、昔はそれなりに賑やかな通りでした。
少しでも gionchoubuさんの疑問が消化できればと思ってコメントさせていただきました。
Commented at 2022-05-03 00:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gionchoubu at 2022-05-07 22:45
> 箕山さん、地元の方からご教示頂けるのは心強い限りで感謝します。なにせ岡町は、全国遊廓跡数あれど、もっとも気になる場所の一つなので、とても嬉しいです。早速訂正させて頂きました。
Commented by gionchoubu at 2022-05-07 22:52
> 箕山さん
東岡町の南側は南郡山郡ではなのでしょうか?
Commented at 2022-05-07 22:57
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 箕山 at 2022-05-09 19:30 x
お役に立てればと思ったのですが、「東岡町銀座」は少し早計だったかもと反省しています。もっと古い時代には東岡町銀座があったのかもしれないので。すみません。東岡町銀座の記述が出ている文献で、それが銀座通り商店街でつじつまが合えばよいのですが。
Commented by 箕山 at 2022-05-09 19:33 x
気になって町名を調べましたら、東岡町の北側は南郡山町、南側は柳町、さらに南は天井町になっていました。すべて大和郡山市になります。
町名調べにはyahoo地図が便利です。南郡山町は範囲が広く、箕山新地や下箕山町などの住所表記を使っていたのかもしれません。
柳町の範囲も広く、おまけに飛び地があちこちにあるようです。東岡町の南側の柳町は狭い範囲のようです。