人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

姫路 夢前新地とアルサロ
at 2019-12-08 12:17
室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49
室津遊郭
at 2019-11-24 13:51
姫路夢前新地、中門新地
at 2019-11-22 12:13

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

大和郡山 岡町ぞめき一

f0347663_11490573.jpg
かつて奈良県、大和郡山の東岡町に、岡町という色里がありました。検番も岡町検番。人は東岡遊郭と呼ばず、岡町へ行くと言っていたはずです。

岡町は芸者と二枚鑑札の娼妓のいた遊郭で、その昔、菊屋(後の菊水楼)、坂井楼など十軒あまりの店があり、芸妓にも菊屋の小米、坂井の叶など芸達者なるものがおり、中でも菊屋の小豊は流行妓で、奈良の菊水楼はこの妓の力で建ったと言う噂があったほどです。

しかし廃藩置県後凋落して、明治十三年頃には僅かに京咲、京富の二軒の芸妓置屋になりました。その後竹島もできましたものの、それ以外の建物は取り壊され、娼妓も減少、遊郭廃止される方向に進んでいきました。

以上が、『郡山町史』と昭和八年四月一日発行『郷土研究上方 上方遊郭号』を併せた既述です。

『奈良県警察史 明治・大正篇』、添下郡東岡町の表に

明治12 貸座敷 16  娼妓 61
  13    16    95
  14    15    94
  15    12    80
  16    13    66
  17    13    54
  18    13    46
  19    12    28

貸座敷は芸妓置屋、お茶屋、娼妓置屋、妓楼を含んでいますので、明治十三年の貸座敷16軒は矛盾しておりません。

そして郡山町史と郷土研究上方の既述を裏付けるように、六年後の明治十九年に娼妓数は95人から28人と三分の一以下に激減しています。

それから京咲と京富が聨合して富咲楼という遊女屋を営みましたが上手くいかず、明治の末に、その後を受け継いだ藤近楼によってなんとか命脈をつなぎました。

この間明治二十八年「県令五十号」を以って、東岡は奈良市の木辻、同じく郡山の洞泉寺と併せ貸座敷営業区域の確認がなされました。

そして郡山の金魚界の中心であった小松氏が立て直しに苦心し、大正十三年、十四年に清月楼、小松氏自身の錦水楼が順じ開業しました。

この頃表参道を除く大字東岡全体が貸座敷地域の指定を受けました。

大正十年ごろ大軌鉄道(現近鉄)が開通、近郊近在はもとより河内方面の客の迎え入れができるようになり、岡町は大いに賑わいました。

娼妓は東岡に設置された県立奈良病院郡山出張所で健康診断を受けました。

f0347663_11493328.jpg
f0347663_11505321.jpg


by gionchoubu | 2018-11-04 11:54 | 亡くなった奈良の遊廓 | Comments(0)