人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49
室津遊郭
at 2019-11-24 13:51
姫路夢前新地、中門新地
at 2019-11-22 12:13
伊丹新地と五番街
at 2019-11-17 14:32

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

近江八幡 池田町遊郭ぞめき三

f0347663_11523744.jpg

八幡堀に近い池田一丁目、二丁目、元玉屋の三町を合わせて「西町」とよばれていた八幡町の遊郭は明治六年二月県下の他の遊郭とあわせ納める税金で以下の様に等級分けされました。

上等=大津四ノ宮町、真町 賦金一カ月金二円
中等=八幡池田町、彦根袋町、長浜南片町 同二円五銭
下等=大津甚七町、神崎郡八日市村 同一円

西町と呼ばれた頃の客筋は八幡近在の大商人や地主連中が主で、悠長究めたお大尽遊びをし、茶屋に十日も二十日も遊び続け毎日ドンチャン騒ぎをし、芸者は三味線の糸が切れるまで、撥が折れるまで演奏し続け芸妓の方が音をあげたという話もありました。

『滋賀県八日市市八日市新地遊廓』によれば、貸座敷の数は明治16年14軒、明治41年12軒、大正元年13軒とほぼ横ばいできましたが昭和元年32軒と急激に増えております。

昭和5年発行『全国遊郭案内』によれば、貸座敷10軒程で娼妓は三十人程、遊興制度としては陰店式の通し花制で廻しはとらず、一時間遊びが一円位、一泊すると四、五円で、これは同書による八日市延命新地の一時間一円五十銭、泊り六、七円見当に比べお安めです。

公的な資料である『公娼と私娼』、昭和五年六月末では貸座敷15軒に対し娼妓十三人ですので、『滋賀県八日市市新地遊廓』の数字とはずい分違うのが悩ましいところです。(貸座敷には芸妓置屋と御茶屋が含まれているのが普通です)

又、『滋賀日日新聞』の昭和33年2月22日の「消えゆく赤線地帯」の「近江八幡池田町」では昭和のはじめに池田町一丁目の山春、花月、池田町二丁目の京春、政乃屋、元玉屋町の鍵時、月歌など32軒の業者に芸妓三十五人、娼妓六十人、これまたずい分違う数字がでており、どれを信じたらよいのか分かりません。

さて、昭和になって元玉屋町の京都座が焼けると、軍国主義の台頭と併せ、八幡堀の水が枯れ舟運が途絶えたことで茶屋の転業、廃業が続出、赤線直前の長楽園(元池田町遊郭)組合の業者は八軒、従業婦三十名にまで落ち込みました。

従業婦を呼ぶに時間(正味五十分)三百六十円、泊り九百円でした。

そして最後まで営業を続けた池田町二丁目の“きんたか”も昭和三十三年2月26日廃業届けを近江警察署に提出、同時に料理屋に転業手続きを行い“名月荘”として新しい門出を迎えました。

かつての従業婦も昨年末から帰郷したり結婚したりで最後は帰郷前に主人夫婦を手伝い開業に備えました。

夜ともなれば、しゃれたスタイルで客足をのばすトリスバー“銀竜”が目に付くだけの町になりました。池田二丁目の検番跡にオープンしたのが銀竜でした。

何れにせよ池田町遊廓の最後は、江戸期に練り物まで出した繁栄に比べると、滋賀の遊郭、赤線の終焉のなかでも特に淋しく感じます






by gionchoubu | 2018-06-06 11:57 | 亡くなった滋賀の遊郭 | Comments(2)
Commented by こうざん at 2019-07-26 00:23 x
こんばんは、近江八幡池田町遊郭ぞめき三を拝見して気が付きました。ブログの赤格子戸画像の家は、八幡花街の元玉屋町の川村髪結い店の家で、現在は建て替えられています。この家の北隣が旧大茶屋 月歌楼で元八幡花街唯一今も建物が残り、子孫が住んでおられます。3年前には96歳の昭和時代の女将が生きておられ、昔の花街の話を聞かせてもらったことがあります。近所には、元芸妓の子供(81歳)が今もおられ、出身は神戸市内に今も存在する大寺院の娘であったことを聞いたこともあり、花街の歴史をたどると、華やかさと涙が交錯する世界がうかがえます。かれこれ十数年、八幡花街の幕末以降の八幡花街を古老たちからの聞き取りをし書き残していますが、この数年昭和一桁以前の古老は皆無となり、まさに私が書き残し花街遺物を残し伝えないと八幡花街は中身のないあったというだけになりそうです。現在、古写真のスキャン、遺物、書画の画像化保存を進めていますが、生死さまよう大病と高齢で全くの素人単独作業で気持ちが焦ります。 合掌
Commented by gionchoubu at 2019-07-26 14:51
> こうざんさん

京都で言えば三本木の幾松や祇園の君尾など、幕末史を飾った女性はもてはやされ、市民の自慢ともいえるのに、八幡市史編集部側は何をためらっているのでしょう。

花街、遊郭側は過去莫大な税金を納めており、それは八幡町、八幡市の当時の全税収の三分の一ぐらいだったと考えられるので、今こそ市側も保存に動くべきだと思うのですが・・・

京都新聞 滋賀本社 東北部総局の花街担当記者もしくは教育委員会に一度相談されたらどうでしょうか?

私も明後日、朝日新聞の花街担当の記者さんとお話ししますので、ちょっと投げかけてみます。