人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

姫路 梅ヶ枝遊廓
at 2019-12-12 14:14
姫路 夢前新地とアルサロ
at 2019-12-08 12:17
室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49
室津遊郭
at 2019-11-24 13:51

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

土山宿の飯盛女

f0347663_11312480.jpg
      土山宿

東海道五十三次で三重県の坂下宿を過ぎると、旅人は滋賀県の土山宿にはいり、水口宿、石部宿、草津宿そして大津宿を過ぎ終着の京都三条大橋を目指しました。

江戸時代の艶本にはこの五十三次のうち坂下、土山、水口、石部の四宿に飯盛(即ち飯盛女郎)は居ないとかいてあるそうですが、実際この四宿にも飯盛女郎は存在しました。

実際『諸国遊所見立値段附』(天保二年卯之霜月増補改正)にも“あふみ土山四百文”と女郎の値段まででているので、居なかったと考えるほうが無理があります。

土山は鈴鹿峠の西麓に位置し、鈴鹿馬子歌で「坂は照る照る鈴は曇るあいの土山雨が降る」と歌われており、広重も土山宿の雨を描いてます。

明治に入り街道に遊郭があるのはよろしからずと大津は四の宮から真町に、草津は東新地に、水口も石倉新地と街道を離れて新遊郭を誕生させたが、土山はそもそも旅人が居なくなれば存在の意味がなくなり、知らぬ間に遊女はいなくなりました。

嘉永二年(1849)刊の『東海道五十三次柳樽』に「なまかべにぬる土山のとめ女」という柳句があり、これも土山に宿場女郎がいた大きな裏づけになります。

出女や留女はまさしく宿場の軒先に出て旅客を留んと袖を引っ張る女郎で飯盛、おじゃれ、柱負い、夜馬、足洗女の異名で街道に跋扈し旅人の一夜を慰めました。しかしこれらは全て俗名で、幕府は食売女(しょくばいおんな)と記しています。

東海道五十三次は別に旅人の便宜をはかる為に置かれたものではなく、幕府の軍用荷物の運搬(天馬)や、飛脚、郵便、電信の役目が一義であり、長じて参勤交代の大名行列の宿などとして使用されたのであります。

そして天馬(公用場)の負担、宿の経営も全て宿に負担させる代わりに幕府は地租を免除し、駄荷の運賃を得る特権と、旅行者を宿泊させる特権を与えたのであります。

ただしこれらの利益では到底宿場経営はなりたたず、宿場維持のためには宿場女郎は必要不可欠なものでした。

遊女渡世に厳しかった幕府は東海道の各駅に女郎を置く事を禁止したり、取締りしたりしましたが、結局享保三(1718)年に一軒に付き二人ずつの飯盛女を認めました。宿場経営維持の為飯盛女の名で遊女を置く事を黙認したのです。

宿屋に給仕女は必要です。宿でただ給仕する女なら何人いても構わないのに、わざわざ二人という数字をだしたのは、遊女をおくのは仕方がないものの分限を弁えぬといつでも厳罰に処するぞ・・・と言ったところでしょう。

そして飯盛女(食売女)が売女であったのは官民両方の認識であった事も分かるのです。

土山宿にしても、もし宿場女郎を置かねば、旅客はその前の坂下で泊るか、すこし頑張って水口まで行ってしまうものも居るだろうという懸念から、宿場を維持する手段として当然置いたと考えられます。

これは他の五十三次の宿場でも同じだったのでしょう。

参照:『艶本紀行 東海道五十三次』林美一著

f0347663_11323795.jpg
f0347663_11330972.jpg
f0347663_11334400.jpg


by gionchoubu | 2018-05-06 11:35 | 亡くなった滋賀の遊郭 | Comments(0)