人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

姫路の白線と花街
at 2019-12-16 16:27
姫路 梅ヶ枝遊廓
at 2019-12-12 14:14
姫路 夢前新地とアルサロ
at 2019-12-08 12:17
室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

彦根 袋町遊廓ぞめき 料亭小島

彦根 袋町遊廓ぞめき 料亭小島_f0347663_12395562.jpg
                     料亭小島さんの座敷

明治の末期から大正初期ころの袋町遊郭の様子は店仕舞は、午前一時。ただ十二時と一時になると検番の男衆が太鼓を鳴らして廓の中を練って歩きました。

十二時にはドン、ドンと一ツずつ鳴らして歩いたが、これを聴いたお茶引女は一番号が鳴ったときさみしい顔をしました。そして一時には二ツずつで店をしめたそうです。

大正九年ごろからの不景気を境に次第にさびれ、昭和四年の末、業者六十九人、娼妓八十三人、雇人九十三人になってしまいました。(滋賀日日新聞)

昭和五年刊『全国遊廓案内』によると貸座敷は六十五軒あって、娼妓は約八十五人、福岡、佐賀、埼玉の女が多く、店は陰店、娼妓は送り込みが多く、居稼ぎは極少数。遊興は時間制、又は仕切花制、費用は一時間遊びが一円十銭、宵からの一泊は四、五円で代の物は付きませんでした。

妓楼は

中村楼、富士房、桔梗屋、清瀧楼、瀧柳、上田楼、重の屋、大宇野、中鶴楼、大朝楼、萬笑、春富、丸花楼、萬屋、萬栄、丸矢、日の出、辻春、角屋、花国楼、丸久、川岸、川瀧、京鹿、泉楼、若浅、新盛、一富士、伊吹楼、正歌、吉花、小川楼、若狭や、正春、佐文、北村屋、正木屋、清仲楼、山田屋、丸々楼、萬歌、清捨、八千代、吉兼、矢の春、角田屋、高橋楼、梅月、大琴、朝日楼、川衣、吉瀧、丸琴、中花、川崎屋、吉鶴楼、萬冶、千歳楼、皆遊、金亀楼、川常、川與、花梅、川巻、花の屋、等

昭和33年2月26日の滋賀日日新聞は売春防止法完全施行をほぼ一月に控えた袋遊廓の様子を伝えています。

「いまの袋町には芸妓が十八人、接客婦は五十一人いるが、今月一ぱいで芸妓を残す五十一人は姿を消す。

彼女たちの身のふり方は五十一人のうち四十一人までが帰郷、芸妓七人、旅館女中一人、結婚その他二人といるが、再びこんな売春生活にもどらなくてもよいはっきりとした更正の手がうたれることが望ましい。

四十軒業者の転業はお茶屋(貸席業)一軒、旅館二十二軒、料理屋十六軒、下宿一軒となっている。

しかし袋町の遊郭解体が県下で最も困難ではないかともみられている。

その袋町遊郭の中心街から派なれていることで、いまの場所で旅館、料理、貸席などをやっても客の誘致ができるかどうかというのだ。

地元では都市計画による健全歓楽地帯をつくりたいのが希望のようだ。」

中村遊郭でも見てきた通り、これらの転業された業者さんはいずれ売春制度は復活される期待を持ち、とりあえず他業種で身をやつし、好機を待っていたものと思われます。需要が見込めない地で二十二軒の旅館が突然出現しても、ほとんど客はなかったはずです。

* 『滋賀県八日市市 八日市新地遊郭』三露俊男著の彦根袋町の所で

明治44年 貸座敷13軒 娼妓―人
明治16年 貸座敷59軒 娼妓38人
明治41年 貸座敷53軒 娼妓―人
明治42年 貸座敷55軒 娼妓―人
明治43年 貸座敷57軒 娼妓―人
明治44年 貸座敷58軒 娼妓―人
大正 3年 貸座敷 ―軒 娼妓―人
昭和 元年 貸座敷71軒 娼妓―人(芸妓127人)

がありますが、最初に明治44年が書かれているのはミスプリントだと思いますので、いずれ出典を確認、書き換えた後本文に入れるつもりです。

彦根 袋町遊廓ぞめき 料亭小島_f0347663_12412344.jpg
彦根 袋町遊廓ぞめき 料亭小島_f0347663_12414677.jpg
彦根 袋町遊廓ぞめき 料亭小島_f0347663_12421204.jpg
彦根 袋町遊廓ぞめき 料亭小島_f0347663_12423204.jpg
                     抜け道がありました。



by gionchoubu | 2018-04-12 12:43 | 亡くなった滋賀の遊郭 | Comments(0)