花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
遊廓、花街の類形
京都の花街・遊廓
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
未分類

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

花街ぞめき様へ 元..
by narahimuro at 18:15
> narahimuro..
by gionchoubu at 14:16
> あきさん コメ..
by gionchoubu at 14:51
本当に詳しく、有難うござ..
by あき at 21:27
花街ぞめき様へ 元林院..
by narahimuro at 22:47
> やまねさん し..
by gionchoubu at 12:40
河原町四条の蝶類図鑑は常..
by やまね at 11:23
> やまねさん そうで..
by gionchoubu at 12:36
ちなみに プログレががん..
by やまね at 22:56
> kwc_photoさ..
by gionchoubu at 10:35

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

花街 元林院ぞめき 三
at 2018-12-09 12:56
花街、元林院ぞめき 二
at 2018-12-06 12:58
上七軒 大文字 勝奈さん その四
at 2018-12-05 12:24
花街 元林院ぞめき 一
at 2018-12-02 17:25
大和郡山 洞泉寺遊廓ぞめき 三
at 2018-11-28 12:34

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

まいまい京都 輪違屋コース その二

f0347663_14334992.jpg
                     如月太夫、太夫道中

昭和28年4月19日の京都新聞夕刊に『艶麗、島原太夫道中』という記事がのり、冒頭のみを紹介させて頂くと、

「京名物の一つ島原太夫の道中が今年も、四月二十一日同郭で行われ一般の鑑賞に供することとなったが、この行列は島原がこの地に移されてからおよそ三百年、その間の歌奴たちの風俗の移り変わりを示すもので結髪、服具の着装などを各時代の風俗画家の著作等により新しく考証、江戸時代初めのものを除いては衣服その他ほとんど全部その時代の実物遺品を使用したところにこの時代風俗絵巻の特徴がある」

そして4月22日の京都新聞に『艶麗絵巻 島原の太夫道中』の記事が載りました。

「京の春の年中行事の一ツ島原の太夫道中は二十一日午後三時から花曇りの空のもと可愛い、子供の如く花車を先頭に行列は組合事務所を出発寛永、正保時代から年代順に文化文政、明治、現代と移り玉袖、九重、美吉野、光扇、春日、君太夫と禿、引舟を従えて八文字を踏みながら曲輪の中を練り歩き約一時間に渡り古典艶麗な風俗絵巻をくり展げて同四時過ぎ道中を終わった。

昔にかえって無料公開というのが効いたのか数万の人が押しかけ道中開始二時間前に大門を閉じるという盛況であった=写真・八文字で練る美吉野太夫」

さて、二月二十五日(日)第四回目まいまい京都『輪違屋コース』で20人の参加者の方をお連れしました。まいまい京都のスタッフは第一回からお世話おかけしている門川さんと、先斗町コースで一緒が多い阿比留(あびる)さんなので、最後まで順調そのもの、参加者の方々もご満足いただけたと確信しています。

いつもの様に、邸内で如月太夫に太夫道中の内八文字を踏んでいただいたのですが、高橋利樹、十代目輪違屋御当主から、ほぼ全てを島原を参考に遊郭を立ち上げた吉原に対し、島原の大門(オオモン)を吉原ではオオモンの言葉を控えさせダイモンと呼ばせた事、さらに島原では内八文字の歩き方を吉原では踏むのを許可しなかったので花魁は外八文字になったと教えていただきました。

前回では、島原太夫は内八文字で歩くとき決して横を見ず、真っ直ぐ前を向き
進むのに対し吉原の花魁はお馴染みさんなどに横を向いて挨拶しても良かったと、お話されていました。

まいまい京都の輪違屋コースは私にとっても勉強になるコースなのです。

f0347663_14340845.jpg
f0347663_14345267.jpg
f0347663_14351889.jpg
f0347663_14355075.jpg
f0347663_14360716.jpg


by gionchoubu | 2018-02-27 14:41 | 島原、輪違屋太夫 賛姿語録 | Comments(0)