人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49
室津遊郭
at 2019-11-24 13:51
姫路夢前新地、中門新地
at 2019-11-22 12:13
伊丹新地と五番街
at 2019-11-17 14:32

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

京の銭湯史 その六

f0347663_11233733.jpg

旧花街の象徴的な銭湯、島原の千鳥湯(現島原温泉)、中書島の新地湯、五条楽園の梅湯、橋本遊郭の橋本湯など、今も現役の銭湯があり、千鳥湯と橋本の湯は私も頂いた事があります。

渡会恵介著『京の花街』によると、先斗町には明治四十三年創設の鴨川湯がありました。場所は先斗町の中ほどの下樵町、組合直営なので芸舞妓は無料、さらに女性専用なので、歌麿の浮世絵の世界だった様です。

ただし、年功序列の大変厳しい世界なので、お姉さんの背中を流したり、年少の舞妓はさぞかし気苦労が多かった事でしょう。

この鴨川湯、時代とともに朝に限って男性入浴お構い無しになり、正午までは花街関係の男、以後は女性専用になりました。

これを客がききつけて、

「わしも入れてんか」

「何ンぼ、ごひいきでも、こればっかりは・・・」

の世界でしたが、昭和三十六年頃以降次第に町方にも開放され普通の銭湯になりました。今はありません。

祇園の銭湯事情は『ぎをん200号』の「祗園の湯屋」で秦恒平氏が買いておられたので、紹介させて頂きます。

まず、江戸期からの薬湯、松湯、大和湯は江戸期の地図で理解していたものの、唯一手掛かりの無かった亀湯が縄手にあった事が分かりました。さらに現在祇園東、歓亀神社の向かいに清水湯があり、ひろやかに天井も高く、明るい湯だったとの事です。

以前から紹介させていただいている松湯は小ぶりの湯屋で、花街のお風呂屋さんらしく、男湯は女湯の間口の半分、さらに脱衣場の壁は白地に赤い大きな字の披露目団扇が並んでいたとのこと。また松湯とくっつき気味に鷺湯という名の、これ又ちいさな湯があったと書かれています。

氏がまだ小さい頃なので、出勤前の舞子はんが大きな頭のままぷかぷか浮かんだりしているのを見たのはこの松湯か鷺湯だったとのことです。

そのほか四条通りの南一筋目に祇園湯があったとされておりますが、これら総ては廃業されています。その他、氏の家から一番近い「新シ湯」は正確には祇園のエリアから少し外れていますものの今も健在です。

さて、私も、のべ30年に渡り京都市の30軒以上の銭湯を利用している者として、すこしだけ京都の銭湯に対する自分の意見を述べさせていただきます。

まず、全体的にお湯の設定温度が高めだと思います。何個かある湯ぶねの一つはすこし温度を下げると、若い利用者も増えるのではないでしょうか? どの風呂屋もまず湯船に水を足して薄める事はできないのは、厳しい条件で営業されているので、燃費効果の為だと理解しております。

あと、どこの銭湯にも必ずといってある電気風呂を利用されている方は、昔はほんの少しおられましたが、現在まず男風呂で入っている人はいません。

ですから、構造上可能なら、電気風呂を廃し、湯温を3度程下げて頂きたいというのが御願いです。

今までの経験で、一番素敵だったのが、有名な船岡温泉、地下水の沸かし湯の成分が抜群に私の体質にあったのが西院の電気温泉、今の弥生湯です。



by gionchoubu | 2017-05-20 11:24 | Comments(0)