人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

姫路 夢前新地とアルサロ
at 2019-12-08 12:17
室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49
室津遊郭
at 2019-11-24 13:51
姫路夢前新地、中門新地
at 2019-11-22 12:13

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

大津、柴屋町ぞめき 十六

f0347663_12130289.jpg
              美幸クラブ・・・名前から見て雇仲倶楽部と考えられます。

秋の大津をどり、昭和三十八年に第十六回が柴屋町歌舞会主催で行われています。振付指導、花柳輔四郎、長唄指導、杵屋君秀、常磐津指導、常磐津文字己喜、鳴物指導、六郷新十郎となっています。

番組は、

一、 長唄出囃子 宝三番叟、
二、 長唄 通天橋
三、 常磐津 戻り橋
四、 民謡お国めぐり、1、お江戸日本橋 2、ソーラン節 3、ぶらぶら節木やり 4、デカンショ節 5、唐人お吉 6、会津磐台山 7、関の五本松 8、おてもやん 9 駒をどり 10、黒田節
フィナーレ 大津をどり 立方全員

この時のプログラムに載る柴屋町花街組合お茶屋は、長谷川、堅田屋、君徳、日比野、松八重、君の家、金俵、中島、山春、榎、田むら、古に志、近江咲、山下、大富、久の家、叶家の十七軒でした。 
   
ちなみに、この五年前の昭和三十三年の『大津商工名鑑』に席貸として十三軒のお茶屋が登録されています。総て下馬場町(下柴屋)で、屋号が出ているのは㈱君の家のみ、あとは個人名でした。

昭和三十二年の十二月、芸妓を主体とする業者十五軒が組合を離脱、大津花街組合を立ち上げましたと、前回書きましたが、『大津商工名鑑』の十三軒が含まれているはずです。

1999年に淡海文庫から出版された『大津百町物語』に「おみき姉さん」の項があります。

“今では、ほとんど目にすることのない高下駄をはいた粋な女性が柴屋町のおみき姉さん。風呂敷包みを小脇にかかえて銭湯に通う。コキュコキュと音をさせて歩く。いつも黒い毛糸みたいなネットをかぶっている。

「うち(私)、芸子をしてたんでここの毛がのうなってしもてひどいことやねん」頭の前のあたりをおさえてヘアピースをつけているらしい。

おみきさんはこの地に生まれ育った。家がお茶屋だったので、小学校を出るとすぐ芸子の道に入った。

舞子から芸者と、とてもよい時代に仕事ができたという。

昭和三十年当時、大津にも五十人ほどの芸子がいた。おみきさん(本名は美籐あや子さん)は八十四歳の今日まで、「クツ」をはいたことがないという。”

先日、近所の人の聞き取りで、神雷さんの横の路地を突き当たった所に、柴屋町営の銭湯があった事が分かりました。

おみき姉さんが通っていたのはこの銭湯だったと思います。

また柴屋町のケンバ(検番)は今の薬局の横の現在ガレージの所で三階建てでした。一階は芸者の名前の入った札があり、お花が付いている芸妓が裏表の色で分かる仕組み、二階は産婦人科で、売防法施行以前は、接客婦は毎日のように検診を受けました。三階は芸妓の稽古場でした。これも聞き取りで得た情報となります。
f0347663_12151456.jpg
                      検番跡です

by gionchoubu | 2017-01-26 12:17 | 亡くなった滋賀の遊郭 | Comments(4)
Commented by 植松 at 2017-01-28 10:10 x
祇園東、先斗町は検番がありませんが
上七軒は検番があるので
お花付いてるかどうかすぐに分かります。
宮川町はお茶屋二軒が実質的な検番だそうです。
Commented by 植松 at 2017-01-28 10:12 x
戻橋は歌舞伎舞踊ですから
本格的な会だったと推察します。
Commented by gionchoubu at 2017-01-28 16:42
> 植松さん

宮川町は駒屋と石初さんのグループで、御親戚だそうです。
見番、検番、券番、険番と土地によって充てる漢字が違うようです。
柴屋町では“けんば”と言ってたみたいです。
Commented by gionchoubu at 2017-01-28 16:53
> 植松さん

大津をどり、見たかったです・・・