人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

姫路 梅ヶ枝遊廓
at 2019-12-12 14:14
姫路 夢前新地とアルサロ
at 2019-12-08 12:17
室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49
室津遊郭
at 2019-11-24 13:51

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

大津、柴屋町ぞめき 十五

f0347663_11541581.jpg
               昭和初期、柴山町にもダンス芸妓がいたことが分かります。

先週、週刊ポストで特集があった、昭和三十年発行、渡辺寛著『全国女性街・ガイド』の大津の欄に

“琵琶湖を売物に発展を目論んだ大津市は案外のさびれ方で、よい芸者は京都からよそ行き<遠出>をつけてやってくる。花街は柴屋町で芸者は二十九名。花代は四百二十円である。
赤線は下柴屋町にあって「赤い灯」をつけた湖楽園系が六十八名。「青い灯」をつけた寿倶楽部系が六十四名。店は五十九軒ほど。”

が総ての記述となっています。

『新大津市史 下』によれば、戦前二百名から三百名いた芸妓は戦時中の統制によって廃業したり、帰郷しており、戦後は二十名をわってしまい、戦前の客筋とかわって、キャンプに出入りして工事、その他に従事するものが多く、オフリミッツの地域としてアメリカ軍兵士は来られないのがたてまえであったが、禁をやぶって廓にかようものも少なくなかった、と書かれています。

そして売春防止法施行直前、下柴屋町に業者約百軒、芸妓二十五名、酌婦約百名がいたと、『全国女性街・ガイド』の数字より、数年の誤差が有るとは言え、そこそこ違う数字に関して、私には確認の方法が見つからないのが悩ましい所です。

現在柴屋町に住み、おじいさんが元貸席業で組合長だった方に直接聞き取りさせて頂いた所、グループは「青い灯」と「赤い灯」でなく、「青い灯」と「白い灯」で青い灯の一派は、おねえちゃんへの歩合が少なく、白い灯の電気が灯る所は、おねえちゃんの取り分が多かったとの事、さらに疑問が広がってしましました。

さて、売春防止法発効する昭和三十三年四月の前年の十二月、芸妓を主体とする業者十五軒が組合を離脱、大津花街組合を立ち上げました。さらに、これより先、芸妓と酌婦とを区別する為に、芸妓に試験制度を設け、試験は柴屋町歌舞会が行う事にしました。

そして運命の四月一日の一月前、柴屋町で湖楽園三階に両派の業者が集り、解散式を行いました。

売春防止法発効時、接客婦は七十三人で、全員が帰郷、しかし業者は滋賀日日新聞の記者に、「二・三年で取締りは緩和されると考えている」と語ったような考えを持つものも少なく有りませんでした。そして湖楽園役員会では九州方面に業者を派遣して女子従業員を募集しました。

前回の社説、“一部の小料理屋などが必要以上に多数の仲居、女中のたぐいを抱え込み、中には遠隔地まで「玉を買いに」出かけているものもあるようで・・・”
という部分はこの事を指すものだったのでしょう。

追記:少し前、英吉ねえさんの“今の丸信さんのとこに梅の屋という女紅場がおした。”の情報と、昭和四十七年の地図のマルシン洋品店の場所と同じところに、大正の地図にも梅の家と書かれているので、梅の家=梅の屋=女紅場書きました。

その後、新修大津市史5に上柴屋町の梅の家席は寄席であると書かれていました。先ほどマルシン(現マンション)並びの大和家さんに確認すると、芝居小屋との事。総ての情報は信頼できるものと思いますので、答えが導きだせない状態陥ってしまいました。


by gionchoubu | 2017-01-23 11:57 | 亡くなった滋賀の遊郭 | Comments(0)