人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

姫路 梅ヶ枝遊廓
at 2019-12-12 14:14
姫路 夢前新地とアルサロ
at 2019-12-08 12:17
室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49
室津遊郭
at 2019-11-24 13:51

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

大津、柴屋町ぞめき 十三

f0347663_13175077.jpg
                      柴山町の売物件


昭和三十三年四月一日売春防止法完全施行直前において、滋賀県の旧遊廓、つまり赤線が、行政の指導の元、業者や従業婦がどんな状況にあったのかを、滋賀日日新聞は克明に追っていきます。

二月六日の紙面では、婦人相談所が一月中に赤線の全従業員戸別訪問したところによると、従業員は昨年末三百一人だったのが、一月末には二百五十人程度に減少、このうち帰郷希望者が百七十人と圧倒的に多く、ついで芸妓希望者が二十五人くらい、結婚するもの十五人ぐらい、その他女中、仲居希望十二、三人、成り行きまかせ、と答えたもの三十人ぐらいだと伝えてます。

県対策本部は、業者が提出した従業婦の転職希望を絡み合わせて実態をつかみ、今後の対策を練る模様。

県下の七つの赤線では、二月まで従業婦を全員解放、三月中に転業準備しようと、一月四日の県貸席連合会で申し合わせましたが、業者の中には三月中は営業しても罰せられないことを良い事に、店を閉めて裏口営業を三十一日まで続けるところも多いいだろうとの事でした。

二月九日には、「売春防止法でネコご難、ネコとりが横行、一匹百円で三味線の皮」にという文言が紙面を踊り、赤線の従業婦から芸妓に転業するなら当然三味線の需要が上がるという事で、一ちょうの三味線が二匹のネコの皮を使ことからネコ取りが横行、八日市市内のある町内では数十匹いネコが数日間に二匹になったとか、愛知郡のある町ではネコが殆ど居なくなったとか、毛は筆になり、肉が加工業や屋台にカシワとして流通するなど、売春防止法余波を伝えています。

二月十一日にも「帰郷組にも指導、県が売春問題で厚生部会」の見出しが載り、一月末に滋賀県の赤線従業婦は二百三十三人で、その内訳が大津、八十九人、草津、三十三人、水口、九人、近江八幡、三人、八日市、二十人、彦根五十四人、長浜二十五人とのことで、転職希望者の希望職種の詳細がのりました。

帰郷希望者百四十四人のうち、県内二十三人、帰郷が百四十四人とのことでした。当然滋賀県より他府県の赤線等で働いて帰郷するものもいるので、他府県との連絡を密にして、再びこの道に入らないように婦人相談所が職業斡旋等に努力するとの事でした。

三十年近く遡りますが、昭和五年六月調べの『公娼と私娼』によると、滋賀県の娼妓三百八十八人の内、滋賀県出身者は二十九人、僅か7%です。矢張り地元で娼妓になるのは可也の抵抗があり、この7%も士が県内でも地元から離れた所で働いていたと見てよいでしょう。

この年、滋賀県出身者の娼妓二百十五人のうち、大阪、京都で働いていたものが、百十七人と54%に達し、地元は避けたいが、余り離れるのも嫌だという娼妓の心理が浮き彫りになります。

因みに東京の娼妓総数二千二十六人の内、滋賀県出身者はわずか4人、東京の遊廓で滋賀県の女にあたる確率は0.2%という事になります。

さて、日日新聞に戻ると、二月十二日「県売春防止対策本部の方針きまる、旅館兼業など禁止、従業婦は引続き雇えぬ」が一面の最初の記事を大きく飾りました。その骨子は

1 売春の恐れのない業種への転業を指導する。
2 二つ以上の風俗営業を営んだり、または風俗営業と他の特定業種と兼業することは認めない。
3 お茶屋は料理店としか認めない
4 各業種への転業は関係法令基準に基いて許可する。
5 従業婦は引続き雇用はしていけない

との方針をきまりました。  詳細は次回に・・・





by gionchoubu | 2017-01-18 13:20 | 亡くなった滋賀の遊郭 | Comments(0)