人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49
室津遊郭
at 2019-11-24 13:51
姫路夢前新地、中門新地
at 2019-11-22 12:13
伊丹新地と五番街
at 2019-11-17 14:32

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

大津、柴屋町ぞめき 九

f0347663_12090112.jpg
                   柴屋町芸妓の大津絵踊  壽老人

先日、渡辺豪さんがカストリ出版で復刻させた、松川二郎著『歓楽郷めぐり』に大正時代の「大津の柴屋町」の項がありました。

松川によれば、大津は「活気に乏しい町ではあるが、それだけ何処か落ちついたところがあって、旅の歓楽を逐ふ旅客に取っては、どうしても逸することのできない土地の一つであった。歓楽境といふ文字は少し当ってないかも知れないけど、土地の遊びに飽きた京都や大阪の紳士達の遊びにゆく所」と筋金入りの遊び人としての思い入れを語ります。

そして松川はお気に入りの紅葉館に滞在中、大津絵を聞く為に上馬場から呼んだ芸妓の一人、Kとの淡い、少し距離をおいたお付き合いの話をします。柴屋町の花街の話はそぞろで、寧ろこのKとの想いでを振り返る為、柴屋町を選んだような気すらしてきます。

大津ならではの遊びに、汽船やモーターボートやスワンボートに芸妓を乗せ、琵琶湖上で遊ぶ「ボート芸者」の話もでて来ます。一流の芸妓は決してしない事、かならず掟として仲居も同行するなどについて、新旧交差する時代が生んだ遊びが紹介されます。

そして、大津の芸妓や仲居の紙入れの中には、笑絵とともに、かならず一、二枚大津絵がはいっており、げほう大黒が無病長寿、藤娘は良縁を得られると信じられていたそうです。

松川がKと出合った大正七~九年頃、古老によれば、柴屋町一千年の歴史の中、近代の遊女きっての美人、大学という名の娼妓の話がS33しが日日新聞に載っていました。

当時、遊女の髪が島田、チョウチョと行った時、大学は女優まげの洋髪のインテリで、女学校卒業後大津のある新聞社に女事務員として勤めていたことも、当時の人の好奇心をそそりました。

事情あって君勝楼に三年、三千円の借金で娼妓になり、その人気は一月で千円稼いだ超のつく売れっ子で、君勝楼を太らせたといいます。一時間一円五十銭の時代です。

娼妓ながら県庁のお役人の上柴の席にも呼ばれ、芸者仲間より群を抜いてもてはやされ、大学を買うには、三日前から申し込みがいる程でした。

昭和三十三年、新聞に記事が出た時、四十年をすぎたにも拘らず、大津の古老の脳裏に面影をのこす大学・・・二十四で年期奉公を終えた大学の消息を知るものはおりませんでした。

松川二郎も愛した大津絵節を一部紹介

√げほう梯子ずり、雷太鼓で釣をする。お若衆は鷹をすえ、塗笠おやまは藤の花、座頭のふんどし犬くはえつけァ仰天(びっくり)し、杖をば振上げる、荒気の鬼も発気して、鐘撞木。瓢箪鯰でおさへませう。奴の行列、つり鐘弁慶、矢の根五郎。

おやま、とは関西で遊女の事です。

f0347663_12093649.jpg
                  柴屋町芸妓の大津絵踊 鬼念仏と弁慶


by gionchoubu | 2017-01-07 12:10 | 亡くなった滋賀の遊郭 | Comments(4)
Commented by 植松 at 2017-01-07 16:35 x
昭和40年代に
祖母の遠縁が撞木町にいて
祖母と遊びに行きました。
私は事情も知らず、おやまのおばちゃんと呼んでいました。
両親はヒヤヒヤしていたそうです。
Commented by 植松 at 2017-01-07 16:37 x
大津絵という唄。
梅川忠兵衛や忠臣蔵五段目は
弾き歌いできます。
Commented by gionchoubu at 2017-01-08 16:26
> 植松さん

扁額軌範におやまの語源は操り人形使いの小山次郎三郎が美しい人形をつかった事からきているとあります。
おやまのおばあちゃん、優しい響きですね。
Commented by gionchoubu at 2017-01-08 16:31
> 植松さん
以前志ん生さんが大津絵を演ずるセットテープを見かけ、落語でないので買いませんでした。
今度みかけたら買います。かなり聞きたくなりました。