人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

姫路 夢前新地とアルサロ
at 2019-12-08 12:17
室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49
室津遊郭
at 2019-11-24 13:51
姫路夢前新地、中門新地
at 2019-11-22 12:13

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

五条楽園ぞめき その二十

f0347663_15155537.jpg
                    花道があります。(五条会館)

京都府警察部遊廓統計(日本花街史集録)による七条新地の芸妓数と娼妓数は

明治44年 芸妓30  娼妓915
大正元年  芸妓26  娼妓906
2年 芸妓24  娼妓945
3年 芸妓16  娼妓906
4年 芸妓13  娼妓874
5年 芸妓14  娼妓814
6年 芸妓19  娼妓792
10年芸妓27  娼妓1083

芸妓の花舞台、歌舞練場は花街の象徴であります。現在の五条会館(五条楽園歌舞練場)は大正四年に誕生しました。ところがこの年、芸妓は僅か13人、この状況で、どうして娼妓中心の七条新地で歌舞練場を建てようと思ったのでしょうか?

これは大正元年、五条橋下が京都府令第六号で七条新地と合併しており、新体制のもとで新基軸を打ち出したものと思われます。

遊廓の中で娼妓は稼ぎ頭である一方、芸妓は行儀作法、お茶、芸事など育てるのに大変お金がかかり、着物から髪結、小物まで揃えるのにも資本が要ります。

当時の七条新地で花街熱のような物が広がり、芸妓を育てようという機運が広がったなら、遊廓で財を成した業者の中から、道楽とまでは云わないものの、遊女渡世以外の、いわば違う次元の道を目指したいという気持が芽生えたのかもしれません。

もともと、祗園でも、上七軒でも、芸妓が生まれたのは十八世紀も終わりに近づいた明和〜天明の頃だと私は思っているのですが、案外、遊廓から花街への道のりはこんな経緯を辿ったという考え方は有ってもいいと思います。

ただし、明治・大正以降、遊廓が花街に育つには、やはり娼妓に対しての芸妓のそこそこの分母が必要なのも確かで、大正五年、歌舞練場を竣工した宮川町が現在五花街の一画を担うのに対し、芸妓町としての七条新地は消滅しました。

七条新地はあまりにも芸妓の分母が小さすぎたのです。
f0347663_15170428.jpg
              畳はざっと60畳、頑張れば180人程の席はとれます。
              現在は耐振の関係もあり、定員100にされているとの事
              貸出歓迎なので、イベント等で是非ご利用下さい。
              (ただし冷房等ありません)

by gionchoubu | 2016-10-25 15:22 | 五条楽園 | Comments(6)
Commented by 今紫 at 2016-10-27 17:58 x
こんばんは、お久し振りです。木々が色づいて参りました。

遊廓である五条楽園、元の七条新地に歌舞練場があるのは芸子さんがいらっしゃった証拠ですね。娼妓本位かつ多数だと芸妓が縮小、あるいは消滅していくのが解ります。五条楽園になって芸妓一本に転換し諸芸精進したにも関わらず末期は摘発され終焉したのは運命だったのでしょうか。

隣の宮川町、祇園東は元は遊廓でも芸妓さんが多数いたため生き残り今日に至り、もし立場が逆だったらどんな姿をしていたのでしょう。
Commented by gionchoubu at 2016-10-27 19:15
> 今紫さん

ほんに・・・今年は例年より寒く感じられ、紅葉は早目かも、色着きにも期待がもてます。

昭和34年、新五条大橋の竣工式で、記憶では七新会(という事はまだ五条楽園は発足していなかった模様)の法被を纏った関係者と、十人程の手古舞姿の七条新地の芸子さんが扇子を持ってねり歩く写真を見た事があります。

全てが望郷の彼方・・・秋の寂しさと相まって、去りゆく七条新地風情に対し、自分では何もできないもどかしさに、襟をすぼめる今日この頃です。
Commented by 植松 at 2016-11-02 22:04 x
祇園乙部は芸妓娼妓の両方で
溝口健二の『祇園の姉妹』は今もって名作と思います。
しかし最後の方の、騙した男からの復讐で、おもちゃ(山田五十鈴)が車に轢かれるシーンは検閲でカットされて現存しません。
ただしなぜかスチール写真は見たことがあります。
Commented by gionchoubu at 2016-11-03 11:37
> 植松さん

あの時代既に芸妓は鬘だったとか、乙部の茶屋も乳白色の電燈に屋号をいれていたとか、鴨川沿いに席貸があったとか、いろんな事が分かり、そういった部分でも興味深い映画でした。
ラストのシーンに異和感があったのはそういう理由だったのですね。
リメイク版も最後はもずいぶん無理があったように記憶しています。
Commented by 植松 at 2016-11-03 14:02 x
ちなみに、宮川町の『偽れる盛装』は
銭湯の入浴シーンが一部カットです。
カネを巻き上げられた
殿山泰司と菅井一郎の行動が対照的ですね。

廓映画には欠かせない進藤英太郎は
『祇園の姉妹』から出ていますね。
旦那の役。

戦時中は勤労兵士の慰問、戦後は日本女性の貞操の防波堤。さんざんにおだてやがって、今さら売春禁止法とは!
と怒るセリフが
『赤線地帯』も『廓育ち』でもしゃべっているのが
興味深いです。
Commented by gionchoubu at 2016-11-04 11:16
> 植松さん

偽りの盛装はまだ見ていませんが、機会があれば是非見たいと思います。
進藤英太郎、テレビドラマではいつも、つまり乍ら怒鳴っていたような思い出があります。