人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

姫路の白線と花街
at 2019-12-16 16:27
姫路 梅ヶ枝遊廓
at 2019-12-12 14:14
姫路 夢前新地とアルサロ
at 2019-12-08 12:17
室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

五番町ぞめき 八

五番町ぞめき 八_f0347663_11060772.jpg
                         愛染寺
    
私が下宿していたのは千中西に入った北側の愛染寺で玄関には今も当時も交番が有ります。風呂なし、トイレ・水道が共同で三人の大学生が寺の別棟に造られた三室に住んでいました。冬は炬燵のみの暖房で何とか寒さを凌げましたものの、夏は冷房も無く、しかも西日が照りつけ本当に暑かったものです。さらにこのお寺は日蓮で、高齢の庵主さんが早朝の本堂でお経を上げながら木魚を乱れ打ちをするので、必ず目が覚めます。さらにブロック塀を挟んではおりましたが、私の四畳半の二メートル先には墓石並ぶという状況で、一度心霊体験の様な恐い目にあいました。

千中の北西角がホシノレコード店で、こういった小さなレコード店は当時日本には幾らでも有ったものです。千本通りを北に上がり最初の筋を西にはいると、脂身の多いとんかつを出す料理店が有りよく通いました。さらに奥に進むと、当時はまだ有りませんが、昭和六十年頃、カレーのガラム・マッサーラがオープンしたので、カレー好きの私は卒業後も千中を訪ね、この名店によく通いました。まさに衝撃の味で、お母さんと、インドかどっかで修行して独自のカレーを習得した息子さん二人がいつも楽しく口喧嘩する中、スパ一シーながらまろやかな、カレーを堪能しました。後にお嫁さんも店に出ていました。そして後年このお店は白川通りの北の方に移転しました。

千中を北に上がると西側に今も昔もパチンコキングがあります。当時は今の四分の一ぐらいの規模でした。ここの交換用の景品が何故か石鹸で、終了でもすると、多量の石鹸を交換所に以って行かなければならず、重くて大変でした。他店は景品と言えば軽いメダルとかが多く、なぜキングが石鹸だったかは謎です。ちなみに一度この石鹸を風呂で使った事がありましたが、泡はでませんでした。

千中を南に下がると東側にパチンコ西陣センターとパチンコニュー京都があり、その間に喫茶ナポリがありました。さらに数軒下がる小さい旅館で丹後屋があり、その一階が喫茶店となっており、当時モーニングのサンドが安くておいしかった記憶が蘇ります。今は総てありません。

千中を東に行くと、当時一番通った王将が北側にあります。今も昔も王将の天津飯はうまだれですが、千中王将は甘めの甘酢で大好きでした。20年程前でしょうか、王将が王将ニュースというものを無料で店頭で配布しており、王将キャラクターなんかを募集したりしていました。そして王将ニュースには名物店長紹介というコーナーがあり、その第一回の名誉ある店長が、千中王将の田村善三店長だったので嬉しく思いました。

私が住んでいた頃、千本通りの商店街では、毎日「千本ラブの歌」というムード歌謡調の商店街のテーマソングが流れていました。最後が♪ラブ、ラブ、せんぼーん、ラブ♪、というもので、今でも耳につく、中々の名曲でした。

さらに昔の千中付近を田中泰彦著『京の町並み從小路鴨川西部編』で見ると、西陣京極の中の西陣キネマは西陣マキノキネマ、千中ミュージックは京山座、西陣大映は福野家がそれぞれ前身でした、さらに西陣東映もあったようです。その他、昔の雑誌でよく目にする長久座、千本座、寿座、三太郎席などの芝居小屋、寄席などが犇く一大遊興地だった事がわかります。


by gionchoubu | 2016-07-30 11:06 | 五番町 | Comments(0)