人気ブログランキング | 話題のタグを見る


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった山陰の遊所
亡くなった大阪の遊所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の遊所
亡くなった東海の花街
亡くなったその他の遊所
亡くなった日本の遊郭
亡くなった四国の遊所
未分類

以前の記事

2024年 03月
2023年 01月
2022年 11月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 01月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

お懐かしゅうございます。..
by gionchoubu at 15:17
信じていただけるか分かり..
by とし彩 at 01:20
> 花月さん 私も気を..
by gionchoubu at 15:53
ぞめき様 お返事ありが..
by 花月 at 13:14
> 花月さん コメント..
by gionchoubu at 23:52
初めまして、角屋の建築に..
by 花月 at 02:02
お返事ありがとうございま..
by kinsan at 18:15
> kinsanさん ..
by gionchoubu at 21:56
上京の雇中居倶楽部はどこ..
by kinsan at 17:51
> ケルシーさん コメ..
by gionchoubu at 07:51

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

女郎うなぎ福助
at 2024-03-04 19:14
新居、芸妓置屋小松楼
at 2023-01-11 11:10
鳴門の遊廓・花街
at 2022-11-14 10:22
昭和33年12月の京都府の旧赤線
at 2022-05-27 22:57
西木屋町 乙女倶楽部 その三
at 2022-05-23 09:43

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

京都私娼考 その十一 大久保

京都私娼考 その十一 大久保_f0347663_12223685.jpg
大久保、右が自衛隊

京都のパンパンが急激に増えたのは昭和二十年の暮からで、パンパン狩りも二十一年三月から連日、南座前、四条大橋一帯で行なわれ、MPも出動して取り締まりに当り、タマリ場を包囲、取締り隊が「客待ち女」と認定したらいやおうなしにトラックに載せ平安病院(後、洛東病院)で検査させ、病気がないものは帰しました。

「手入れや」「キャー」濃いルージュ、派手な衣装の女性達が逃げ回りました。

今のような人権の意識が薄い時代、中には通りかかっただけの女性も送り込まれる事があり、

「なんでうちの家内を連れて行った。夕涼みに行ってただけやないか」の抗議がたびたび警察部に舞い込みました。

三月七日~十七日網にかかったパンパンは十八歳から三十二歳まで五十人、元ダンサーが一番多くて十八人、現役ダンサー十五人、無職九人、会社事務員三人、女給、ホテルの雇い人二人、女工一人で、検査の結果十四人から性病が見つかりました。

警察によるダンス規制がつい最近まで、どうしてここまでダンスホールやダンサーにきつく課せられたという印象を持たした背景いは、ダンスに対する警察の強いアレルギーが残っていたのが大きな要因とみて間違いないと思います。

そして、サンフランシスコ講和会議で締結された日米行政協定によって、大久保の占領軍キャンプは「独立」後も在日アメリカ軍の使用に供されることになりました。

この大久保基地をめぐる風紀の乱れは、当時の新聞で大々的にとりあげられ、たとえば、城南高等女学校に隣接する民家の離れは、多くが娼婦に「占領」されたとさえ報道されていました。

街娼六十五人は「京都方面から毎日通勤しているものとみられている」という報道さえありました。

さらに、占領軍向けのホテルもできそうになり、大久保の婦人会はその対策に全力をあげ、宇治市長、警察署長も、占領軍の夜の外出を午後十時までに規制して欲しいと繰り返し大久保キャンプに申し入れましたが、容易にその効果は上がりませんでした。

大久保の新しい発展は、アメリカ軍の撤退により始めて可能となり、アメリカ軍基地の跡は、自衛隊の基地として生まれ変わりました。

当時の大久保での街娼狩りの写真を『宇治市史4』で見る事ができます。

参照:宇治市史4、戦後京の二十年、夕刊京都新聞社


by gionchoubu | 2016-03-21 12:35 | 私娼 | Comments(0)