人気ブログランキング | 話題のタグを見る


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった山陰の遊所
亡くなった大阪の遊所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の遊所
亡くなった東海の花街
亡くなったその他の遊所
亡くなった日本の遊郭
亡くなった四国の遊所
未分類

以前の記事

2024年 03月
2023年 01月
2022年 11月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 01月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

お懐かしゅうございます。..
by gionchoubu at 15:17
信じていただけるか分かり..
by とし彩 at 01:20
> 花月さん 私も気を..
by gionchoubu at 15:53
ぞめき様 お返事ありが..
by 花月 at 13:14
> 花月さん コメント..
by gionchoubu at 23:52
初めまして、角屋の建築に..
by 花月 at 02:02
お返事ありがとうございま..
by kinsan at 18:15
> kinsanさん ..
by gionchoubu at 21:56
上京の雇中居倶楽部はどこ..
by kinsan at 17:51
> ケルシーさん コメ..
by gionchoubu at 07:51

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

女郎うなぎ福助
at 2024-03-04 19:14
新居、芸妓置屋小松楼
at 2023-01-11 11:10
鳴門の遊廓・花街
at 2022-11-14 10:22
昭和33年12月の京都府の旧赤線
at 2022-05-27 22:57
西木屋町 乙女倶楽部 その三
at 2022-05-23 09:43

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

京都郡部の花街 中編

京都郡部の花街 中編_f0347663_17401557.jpg
                  田辺の花街跡・・・と思えないのですが・・・

1962(昭和三十七)年の『京都名鑑』の郡部花街を見ると、常設芸妓よりも季節芸妓を置くところが増え、売春などの手入れにより芸妓、置き屋とも減少していく傾向にある、という説明があります。

宇治芸妓組合=平岡千代、芸妓7
田辺トンボくらぶ=山形松子、芸妓6
田辺共栄クラブ=渕上澄子、芸妓8
鱗革会=奥田民夫、置屋5、芸妓8
綾部お茶屋組合=竹内つや、芸妓17
福知山お茶屋組合=福谷きみ、お茶屋26、芸妓26
朝代お茶屋組合=日置昌子、お茶屋8、芸妓11
舞鶴若葉会=毛受雄、芸妓9
龍宮お茶屋組合=依藤均、芸妓15
宮津お茶屋組合=岸本千津子、茶屋15、芸妓40
中郡芸妓組合=藤沢光、お茶屋8、芸妓16

鱗革会とは、あまり花街には似つかわしくないと思われるネーミングですが、亀岡芸妓組合の別名です。(翌年の名鑑で組合長が同じ奥田民夫)、また中郡芸妓組合も組合長の名から峰山お茶屋組合と分かります。

さて、問題の田辺の花街の場所ですが、或ルート(ご迷惑がかかったらいけませんので調べた経緯は伏せておきます。)から調べてもらうと、多分田辺本町の交差点からJRの線路まで延びる通りの両側ではないか、という情報を得ました。いつも様に京都府立総合史料館で昭和三十五年の住宅地図をみてみましたところ、全くそういう雰囲気は見いだせません。

実際その場所を訪れ、その道すがらにある名の通った老舗のお茶屋さん(お茶を販売するほうのお茶屋さん)に入りお聞きしました。若女将さんはご存知ありませんので、奥の(たぶん)親御さんにも聞き頂いたものの、全くそんな話は聞いたこともないとの事でした。

花街の情報は得ませんでしたが、大変美味しい抹茶ロールは大収穫でした。

京都府田辺町史は勿論、他の刊行物にも全く田辺の花街、芸妓、新研、やとなの存在は確認できなかったのです。

最後に最後の頼みの綱、田辺の教育委員会から地元の郷土史家の方4,5人にも当って頂いてみたのですが、皆さん首を傾げるばかりです。

私としては、調べたけれど、ご存じないというのもこれ又貴重な情報で、ご協力頂いた皆様には大変感謝しております。

それにしても京田辺の花街、邪馬台国の在り処より気になる場所となっております。




by gionchoubu | 2016-03-12 17:45 | 京都の花街・遊廓 | Comments(0)