人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

姫路 梅ヶ枝遊廓
at 2019-12-12 14:14
姫路 夢前新地とアルサロ
at 2019-12-08 12:17
室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49
室津遊郭
at 2019-11-24 13:51

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

夏目漱石と遊廓 その二

f0347663_11445539.jpg
                       松山検番

『吾輩は猫である』で、東風君が同志で催す朗読会の協力を“吾輩”の飼い主である苦沙味先生に持ちかける場面に見番の下りがあります。

「それぢゃ一人で朗読するのですか、又は役割を極めてやるんですか」

「役を極めて懸合(かけあい)でやって見ました。其主意は可成(なるべく)作中の人物に同情を持って其性格を発揮するのを弟一として、夫に手真似や身振りを添へます。白(せりふ)は可成其時代の人を写し出すのが主でお嬢さんでも丁稚でも、其人物が出てきた様にやるんです」

「ぢゃ、まあ芝居見た様なものぢゃありませんか」

「えゝ衣装と書割がない位なものですな」

「失礼ながらうまく行きますか」

「まあ第一回としては成功した方だと思います」

「それで此前やったと仰しゃる心中物といふと」

「其船頭が御客を乗せて芳(吉)原へ行く所なんで」

「大変な幕をやりましたな」

教師丈に一寸首を傾ける。鼻から吹き出した日の出の烟りが耳を掠めて顔の横手へ廻る。

「なあに、そんなに大変な事もないんです、登場の人物を御客と、船頭と、花魁と仲居と遣手と見番丈ですから」

東風子は平気なものである。主人は花魁という名をきいて一寸苦い顔をしたが、仲居、遣手、見番という述語に付て明瞭の智識がなかったと見えて先ず質問を呈出した。

「仲居といふのは娼家の下婢にあたるものですかな」

「まだよく研究はして見ませんが仲居は茶屋の下女で、遣手といふのが女郎屋の助役見た様なものだろうと思います」

東風子は先っき、其人物が出て来る様に仮色(こわいろ)を使ふと云った癖に遣手や仲居の性格をよく解して居らんらしい。

「成程仲居は茶屋に隷属するもので、遣手は娼家に起臥する者ですね。次に見番と言ふのは人間ですか又は一定の場所指すのですか、もし人間とすれば男ですか女ですか」

「見番は何でも男の人間だと思ひます」

「何を司って居るんですかな」

「さあそこ迄はまだ調べが届いて居りません。其内調べてみませう」

これで懸合をやった日にや頓珍漢なものが出来るだろう・・・というのが吾輩である猫の感想でした。

けっきょく、この朗読会は東風君の身振りが余りに大げさで、傍聴していた女学生が一度にわっと笑い出し、朗読会は頓挫、それ以上続ける事が出来ませんでした。

第一会としては成功だと称する朗読会がこれでは、失敗はどんなものだろうと想像すると笑わずには居れない・・・が吾輩の感想でありました。

見番は花街用語で芸妓さんを司る組合事務所で、東風子が思っているような人の職業ではありません。

現在、見番という言葉は馴染みない言葉で、花街に興味や関係のある人以外はまず知らない単語です。

当然漱石は意味を知って使っているのですが、中学校の教師の苦沙味や詩人の東風君が知らないという設定で物語が成立しているのを考えると、明治の後半でも見番は一般の人の口に上ることは、あまり無かったようです。



by gionchoubu | 2015-12-21 11:46 | 遊郭・花街あれこれ | Comments(4)
Commented by 番太 at 2015-12-21 12:58 x
山口瞳の血族も名著です
Commented by gionchoubu at 2015-12-22 16:25
> 番太さん
山口瞳の著書は読んだ記憶がありません・・・
Commented by 番太 at 2015-12-22 16:39 x
神奈川柏木田遊郭が主題で遊郭赤線好きには必読名著かと思いますが(笑
Commented by gionchoubu at 2015-12-23 11:44
> 番太さん
情報有難うございます。機会があれば読んでみます。