人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49
室津遊郭
at 2019-11-24 13:51
姫路夢前新地、中門新地
at 2019-11-22 12:13
伊丹新地と五番街
at 2019-11-17 14:32

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

張店、陰店、写真式・・・全国遊廓案内より その6

f0347663_12203418.jpg
 近畿地方

三重県の部

長島村・・・103、愛知県及三重県の女が多い
四日市高砂遊廓・・・約40、殆ど娼妓は県下の者が多い
石薬師町遊廓・・・20、殆ど本県下の女計り
亀山町・・・35、殆ど三重県下の女が七八割を占めている
一身田町遊廓・・・50、殆ど三重県の女
津市藤枝遊廓・・・70、多くは三重県人
伊賀上野遊廓・・・約20、三重県人が大多数
久居町北新地遊廓・・・31、殆ど本県下の女計りである
松阪町遊廓・・・75、三重県人が最も多い
田丸町遊廓・・・20、殆ど本県下の女計り
神社町・・・30、殆ど三重県の女
名張町遊廓、20、三重県及近県の女
鳥羽町遊廓、約100、三重県の女が多い
的矢遊廓、21、何れも三重県の女計り

娼妓の出身県が書いてないので上記で省いておりますが、三重県といえば伊勢参りの精進落しの遊所として、非公許ながら江戸の吉原、京都の島原、大阪の新町と並び称された古市遊廓がありました。

野村可通著『伊勢古市考』にはこの古市の失われた世界の独特な習慣を、現在に蘇らせてくれるのです。張見世、写真式、廻し、と見て行きます。

「表玄関は六尺程の庭と格子戸である。大格子の奥が所謂張見世で、庭をはさんで三尺程の小格子がある。これを小見世と称す。」

「張り見世とは一種の顔見世である。張り見世はどの妓楼でも、もっとも重要なポイントで、それだけにその妓楼の特色を生かして粋を凝らしていた。その大方は御殿式に作られたものが多く、金襖の背景、一段高い雛段の左右に欄間が、また左側に鏡が仕切られている向きもある。この雛段へ女郎連が、長襦袢の上へ“仕掛け”と称するうちかけを羽織って、順序よく一列横隊に並ぶのであるが、その順序にも自ら順序があるのである。即ち最右翼に座る者を“お職”と称し、前月最も水揚げの多かった者を据える慣わしである。この社会ではこれを“お職を張る”といって誇りとされ、毎月何らかの形で褒章を与えていた妓楼もあった。ひな段へ一列にきれいに並んだ前には、定紋を金で浮かした朱塗りの煙草盆が一つづつ置かれ、列の長煙管で煙草を吹かす風情は、たしかに一幅の絵であった。」

そして本書には写真式についても、実に詳しく教えてくれます。

「昭和初期、世はなべて不景気のどん底、この時にあたりその筋の厳命により、見世物的要素を多分にもつ張り見世は罷りならぬということで、おそまきながら写真展示に踏み切ったのである。ただでさえ不景気に悩む各妓楼にとり、これはたしかに大恐慌で、果してこれで客が満足するだろうか、客足がさらに落ちるのではないだろうか等、数々の不安のうちに各楼は、仕方なく一斉に店舗の改造を始めたのである。」

「名物張り見世は廃止され、角型、丸型、楕円型等、妓労によって夫々の額縁に上半身大写しの写真を入れ、例によって右より序列順に、或は互い違いに、或は一列に展示し、その下に源氏名を明示する。客はその写真によってのみ、敵娼を指名するしかなく、声を聞くことも、実物を見ることも出来ない。全く頼りない話ではあるが、妙なもので、それに馴れると、客も妓も妓労もあまり気にならなくなったから不思議である。」

「客のご指名があると、外ひきさんは元気よく“○○さんご新規”と声をかける。女郎部屋は大体写真展示の裏側にあるが、声がかかると、待ってましたと女郎部屋から飛んで出て、長襦袢一枚の姿で、客につづいて階段を上がってゆく。」

そして、春のかきいれどきなどに用いられた廻しに関する記述もあります。

「そんな時、写真による指名を待つ事なく、まずとにかく二階へ引き上げて後、敵娼を選ばせるという方法もよくとられる。またそういう忙しい時ほどよくトラブルが起る。トラブルの種は大方“廻し”による不満であるが、そのトラブルをいかに円満に処理し、有利に解決するかは主人の力量である。妓楼の主人たる者、常は長袖で、遊んでいるように見えても、いざという時、それだけの才覚と度胸がなければ、またにらみが効かなければいけない。“廻し”は古市の一つの特色であるが、旅の相手なれば、それも仕方のないことであろう。」

大正時代に禁止された張店世が昭和になって少しの間まで古市においては、見逃されていた事になります。これは中央から離れていたことと、江戸時代からの長い伝統習慣だった事が影響したのかもしれません。
f0347663_12205753.jpg
                  古市で焼夷弾の被害を免れた現麻吉旅館さん

by gionchoubu | 2015-11-21 12:22 | 遊郭・花街あれこれ | Comments(0)