人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

姫路の白線と花街
at 2019-12-16 16:27
姫路 梅ヶ枝遊廓
at 2019-12-12 14:14
姫路 夢前新地とアルサロ
at 2019-12-08 12:17
室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

ダンスホール取り締まり


ダンスホール取り締まり_f0347663_12463014.jpg
銀座ダンスホールの踊り子たち

警察のダンスに対する規制、取締の激しさの裏には、重税にあえぐ花街、遊廓側によるダンス業者排除を目的とした陳情もあったでしょうし、なにより敵性音楽の形態が一種風俗取締りのスケープゴートになった感があります。その結果、警察側に取締、規制の強迫観念をもたせ、それがつい最近までの、微に入り細にいるダンスアレルギーといってもよい条文を残したのです。

昭和二年二月四日の大阪朝日新聞に「ダンスホールの取締り」の記事が載っていますので全文紹介します。

「大阪府警察部は今流行のダンスホールに対しいよいよ取締の規則を新に制定し、その取締の完全と取扱ひの統一を期することに方針が決し取締規則制定に関する第一回の打合会を開いた。

大阪のダンス営業は一昨年ごろはじめて十二ヶ所微々たる設備でホールを開いたが昨夏ごろからおそろしく流行し出し市内随所に営業者が続出し、現に市内各署に意見を聞きに出かけるものが数十に達してゐる。

府警察部は昨年来この傾向を早くも推知して取締内規を作成してゐたがこのごろでは益々取締に困難を期たし放任して置ては手も付けられぬことになる恐れがあるといふので、新規則を立案し布令の下にこの艶めかしい灯火に目を光らすことになった。

現内規の営業時間は午後十時限り、ホールで飲食物を用ふべからず、ということになってゐる。ダンサーも現在既に身許調査をしてゐるが、一層これを確実に行ふ。」

最近の調査によると、ダンサーの六割までは内縁関係のある有夫もので、正妻者には夫の承諾書を徴している。

昭和三年には開港地の神戸市に於いても「舞踏場および舞踏手取締規則」が発令されました。その内容の一部は、大阪と同じくダンサーは結婚していれば夫の承諾書を必要とする、ホール内でソフトドリンク以外の飲食は出来ない、舞踏免許者は本人の写真を付した写真を形態すること等々、ダンスホールは神社仏閣、官公署、学校、病院などの付近や主要道路に面する場所もだめ、地下室、三階以上もだめ、ホールの広さは五十坪以上、不必要な部屋は設けてならぬ、扉は引き戸か外びらきにせよ・・・モダン都市神戸でこの状況でした。

そしてとうとう昭和四年警視庁は遂に東京第一を誇るダンスホールであった赤坂溜池の赤坂舞踏場の営業停止を命じました。

赤坂舞踏場は上流階級の紳士を吸収してダンサーを四十人以上使用していましたが、ダンサーの中には許可のない者が多く、又、経営者兼ダンサー監督や、ダンサー監督が自分の地位を利用してダンサーを待合に連れ込んだり、ダンサーらも紳士や学生を待合、砂風呂、高等旅館にくわえ込み盛んに風俗を乱したため摘発、営業停止になりました。警視庁は東京に二十八箇所のダンスホールに対しても徹底的に調査を開始したのでした。

ダンス憎し、営業停止ありきの摘発だったのは間違いないでしょう。

当時の東京には八重洲口の“日米ダンスホール”、新宿の“国華”、人形町の“ユニオン”“飯田橋教習所”“九段ダンスホール”赤坂の“フロリダダンスホール”などが有名でした。

参照:昭和全記録、Chronic 1926~1989 毎日新聞社、決定版昭和史、満州事変、昭和6-8年、毎日新聞社


by gionchoubu | 2015-11-02 12:49 | 遊郭・花街あれこれ | Comments(2)
Commented by 番太 at 2015-11-02 21:54 x
勉強になります ダンスホール繁盛した様ですがその源流は横浜のチャブ屋でしょうか 警察がダンスホールに余分な部屋を造らせなかったのは意味深ですね(笑
Commented by gionchoubu at 2015-11-03 12:03
> 番太さん
チャブ屋、盆屋が茶屋ならば、トンボ、ちょうちょも鳥の内・・・とでも言ったところでしょうか・・・
お茶屋、揚屋の座敷の押し入れに一切布団の類はありません。祇園の風習、雑魚寝でもあらかじめ男衆が布団をお茶屋まで運んだそうです。