人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

> 狂すけさん そうで..
by gionchoubu at 16:08
例の角田美代子は初島新地..
by 狂すけ at 22:13
> 狂すけさん ご..
by gionchoubu at 20:58
あの大事件の主犯が働いて..
by 狂すけ at 15:10
> BIG-BIRDさん..
by gionchoubu at 16:38
中西君尾さんを調べていて..
by BIG-BIRD at 08:32
> いたみんみんさん ..
by gionchoubu at 15:20
初めまして。伊丹の住人、..
by いたみんみん at 19:51
>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

尼崎の特飲街 前半
at 2020-03-24 11:00
新福原遊廓誕生
at 2020-03-18 19:09
声色遣い
at 2020-03-13 10:16
法界屋
at 2020-03-09 17:01
西新開地 二葉新地
at 2020-03-07 10:31

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

五条楽園ぞめき その十三

五条楽園ぞめき その十三_f0347663_13053665.jpg
役者として独自な境地を示した小沢昭一氏が『あたく史外伝』で五条楽園での思い出を語ります。

氏が子供の頃、法界屋という流しがカフェー街などを廻っていたそうです。これは三味線や竪琴などを伴奏に歌を歌う一団の事で、大阪では新世界によく現れたという記述に私も出会った事があります。カフェー、女給については今でも時々興味をもたれて触れる人はありますが、法界屋について書かれたものは、何故か滅多にお目にかかれません。

戦後、この法界屋にとって替わったのがギター流しで、飲み屋街で客のリクエストに応じて、ギターの伴奏で歌うもので、これは昔の映画で見かける事があり、実際出会った事は無いのですが、イメージは湧きやすいと思います。

ちなみに、花街情緒たっぷりの新内流しという門付けの芸能形態があります。元々京都に一中節があり、ここから常磐津や富本、清元などに発展するのですが、その一つの流れから生み出されたのが新内で、新内流しは二人が調子の違う三味線で街頭を流します。

さて、終戦後、氏が役者修行中の頃、芝居の旅で京都にいたある日、五条楽園を冷やかして歩いていると、夫婦らしきギター流しに出会います。男は黒ずくの着流しにギターをかかえ、目が不自由らしく黒眼鏡をかけ、女は質素な着物にギター、そして赤ん坊をおぶっています。

「何とも絵になる夫婦流しで、私はすぐ近寄ると、路上で一曲所望しました。」

それは旅の夜風という、映画、愛染かつらの主題歌で、三番の歌詞が√加茂の河原に秋たけて・・・、が五条楽園にぴったりと思ったからです。

「男は、女に、小さい声で“Gマイナー”と囁くと、女が弦をととのえるのを待ってすぐ弾きはじめました。√花も嵐もふみ越えて、行くが男の生きる道・・・うたい出した男の声に、私はすぐ、ググーンとひきこまれました。なんともスゴイ声。霧島昇の、あのソフトな美声とは正反対の、何といったらいいか、ドスの効いた、さび声。」

その次の、旅の夜風の二番は女が √可愛い子供は女のいのち・・・と、疲れ果てた様に口をあけて眠る子供を背に、か細く、消え入るように歌いだす。
この歌声に小沢昭一氏は胸を突き上げられる感動を覚えた、と思い出を綴っております。

後年、氏が野風にさらされた放浪の諸芸を訪ね歩いたのには、この二人の流しの芸への尊敬があったことも、その動機の一つだったとも書いておられます。

京都では、かつての五番町にギター流しはよく似合っていたと思います、そして五条楽園、今でも高瀬川に沿って、第二西菊さんの角をまがった辺りで、ふとこの二人のギター流しに出会うような錯覚に見舞われます。


by gionchoubu | 2015-06-02 13:05 | 五条楽園 | Comments(2)
Commented by 番太郎 at 2015-06-04 12:41 x
いゃ~佳い話で早速「あたく史外伝」注文しました 五条楽園に流しの夫婦連は最高です! その夫婦木屋町辺りも流してたでしょうね。
Commented by gionchoubu at 2015-06-04 16:43
>番太郎さん
ATGの制作で男優は原田芳男、女優は梶芽衣子がよろしいかと・・・これを見るなら新世界の新国際劇場がベスト。