人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

> 狂すけさん そうで..
by gionchoubu at 16:08
例の角田美代子は初島新地..
by 狂すけ at 22:13
> 狂すけさん ご..
by gionchoubu at 20:58
あの大事件の主犯が働いて..
by 狂すけ at 15:10
> BIG-BIRDさん..
by gionchoubu at 16:38
中西君尾さんを調べていて..
by BIG-BIRD at 08:32
> いたみんみんさん ..
by gionchoubu at 15:20
初めまして。伊丹の住人、..
by いたみんみん at 19:51
>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

尼崎の特飲街 前半
at 2020-03-24 11:00
新福原遊廓誕生
at 2020-03-18 19:09
声色遣い
at 2020-03-13 10:16
法界屋
at 2020-03-09 17:01
西新開地 二葉新地
at 2020-03-07 10:31

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

五条楽園ぞめき その三

五条楽園ぞめき その三_f0347663_13374538.jpg
五条楽園(正式には五條楽園ですが以後五条楽園と表記します)の関係者にお聞きしたことがあるのですが、かつてこのあたりの遊廓は秀吉に許可を頂いて、渡世を始めたという言い伝えがあるそうです。ただし内部にも外部にも、それを裏づける何かが有るわけでなく、それ以外の五条橋下~七条新地にまつわる歴史的を考察するような材料も何も残されてなく、ただ、秀吉が当地の誕生に関わったという口伝が残るのみとの事でした。

こういった傾向は、この地に関わった事でなく、他廓に於いても大体似たようなものです。近年の花街に於いても、その記録に人々が冷淡なのは、前回の亀岡の花街でも身をもって感じた次第です。

この七条から五条の間遊所は色々な呼び名があり、時代によっても複雑に入り乱れるので、これを便宜上、町名ごと4区画に分類して整理して考えて見たいと思います。南の七条から北の五条にかけてA,B,C,D群に分けました。

A群、七条側の上二之宮町、下二之宮町、上三之宮町、下三之宮町、十禅師町

B群、上ノ口通りと正面通りの間の富浜町、富松町、高宮町、菊屋町、平岡町、鍵屋町。

C群、岩滝町、早尾町、波止土濃町、八ツ柳町、聖真子町

D群、都市町(といちちょう)、南京極町、平井町

この七条~五条間に七条新地、六条新地、五条新地、五条橋下そして五条楽園の呼び方があり混乱します。

特に、六条新地の扱いに頭を悩ませるのですが、私は本来A群プラスC群が七条新地ですがC群のみを指す必要がある場合に六条新地と呼ぶことが有ったのだと考えています。

これは、AとCの間に遊廓地に入らなかったB郡が有った為に起きえた現象で、、あえてC郡のみを取り出して指すとき、一々町名を呼ぶのが面倒なので、六条通の延長にあった新地区域を、とりあえず六条新地と読んだのではないのでしょうか?

さて、明冶五年、当時京都府参事であった槙村正直が府勧業部に命じて、編纂させたのが『京都府下遊廓由緒』で、その中に七条新地と五条橋下が載るので簡単に歴史を振り返ってみます。区域は先ほどののA,B,C,Dで説明させて頂きます。

七条新地、

宝永三年(1706)、Aの区域を開いて町家にしたい届出がありました。

正徳二年(1712)、上の区域がB,C,Dに変更されました。

享保二年(1717)、Aの区域に、煮売屋としての営業が許可され、一軒につき酌人女二名、見習い女を置いて良い事になりました。

七条新地遊廓の芽が出たのはこの瞬間です。
五条楽園ぞめき その三_f0347663_13383941.jpg


by gionchoubu | 2015-04-12 13:38 | 五条楽園 | Comments(3)
Commented by 番太郎 at 2015-04-13 15:50 x
坂本龍馬の妻お龍は七条新地の旅館の仲居だったとの説がありますが遊女の可能性もあると個人的に思ってます。彼女身持ちが良くなかったそうですし。
Commented by gionchoubu at 2015-04-14 11:30
>番太郎様
情報有難うございます。
来週、休みが取れたら調べてみます。右京図書館の幕末京都の女性誌に、おりょうさんが載っていたような気がします。
Commented by gionchoubu at 2015-04-20 15:44
>番太郎様
おりょうさんの件、ブログに追加しました。情報ありがとうございました。