人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

> 狂すけさん そうで..
by gionchoubu at 16:08
例の角田美代子は初島新地..
by 狂すけ at 22:13
> 狂すけさん ご..
by gionchoubu at 20:58
あの大事件の主犯が働いて..
by 狂すけ at 15:10
> BIG-BIRDさん..
by gionchoubu at 16:38
中西君尾さんを調べていて..
by BIG-BIRD at 08:32
> いたみんみんさん ..
by gionchoubu at 15:20
初めまして。伊丹の住人、..
by いたみんみん at 19:51
>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

尼崎の特飲街 前半
at 2020-03-24 11:00
新福原遊廓誕生
at 2020-03-18 19:09
声色遣い
at 2020-03-13 10:16
法界屋
at 2020-03-09 17:01
西新開地 二葉新地
at 2020-03-07 10:31

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

五条楽園ぞめき その二

五条楽園ぞめき その二_f0347663_11594480.jpg
東海道中膝毛の続き

吉弥「わしゃナ、かちん(餅)なんば(葱)がえいわいな」

弥次「かちんでも家賃でも頓着はねえ。早くしてくんな」

吉弥「一気に参じるわいな」

このおやま、酒肴を言い付けに下に降りる。後に残りしおやまは、此内、帯びの間から鏡をい出し、行燈の傍へ寄り、顔を直す。やがて下より、銚子盃をい出し、大平(椀)が一人前に一つずつ、広蓋に乗せもちだす。弥次郎肝をつぶし、

弥次「なんだ、大平(ひら)を人別割とは珍しい。京はあたじけねえ(欲深い)所だと聞いたが、こゝらは又豪勢だ」

北八「四百には安いもんだ」

この二人は、酒も肴も揚代の四百の内だと思い、むしょうに安いと褒める

金五「サア一つ上がりなされ」

北八「始めよう。オトトトトト、ひらはなんだ。ハハア、葱にはんぺい(半平)は聞こえたが、こっちでははんぺいを焼くとみえて、真っ黒に焦げていらア」

吉弥「オホホホホ、そりゃかちん(餅)じゃわいな」

こんなやり取りの後、結局弥次さん北さんは、鳥の鮨も注文することになったのですが、酒代、肴代はたまた蝋燭代も、当初の四百以外に店から請求されるに及び、約束が違うと揉めますが、なんとか値切って交渉成立しました。

その後、北八は吉弥と床を共にします。深夜になると、吉弥は目を覚まし、北八を起こし、北八の着物を借りてお手洗いにいったまま戻ってきません。

実は吉弥は男の着物を着て、手拭を被り、男客の振りをして逃げてしまったのです。年季半ばでおやまに逃げられるとは抱え主にとって大損害、鬼太りでどてらを着た大男の亭主は、手下をつれ、弥次さん北さんがおやまの欠落の手引きをしたと、二人を縛り上げます。

結局夜が明け、近所の別の同業者の取りなしで、何とか二人は開放されたのでした。

さて、この遊廓での飲食を台の物といいます。『全国遊廓案内』ではくどい程、この遊廓の料金は台の物は別勘定であるとか、ここは酒一本に肴がつくとか書かれているのは、遊廓に於いて、客と店側の大きなトラブルの一つが、この酒、肴が後で請求された時に起こったと容易に想像されます。

尤も、『全国遊廓案内』が出版された昭和の初めは、弥次さん北さんの歩いた東海道の中で、神奈川で込みの所が多かったのですが、静岡、愛知、三重、滋賀、京都は基本酒肴は別料金でした。日本全国で見ると、北関東や東北地方は遊興費に台の物は含まれていましたが、それ以外はだいたい別勘定です。

もう一つ注目したいのは、五条新地の妓がなんとも色気の無い男名である事です。芸妓の男名については以前説明しましたが、ここの遊女が男名であるのは、五条橋下を含む七条新地に享保年間に茶屋一軒につき酌人二名、見習女を置く事が認められたのですが、それ以上の女を抱える時、楼主はあたかも下男を抱えているように男名で役所に届けて、表面上辻褄を合わせたとも考えられます。
五条楽園ぞめき その二_f0347663_12001213.jpg

by gionchoubu | 2015-04-10 12:01 | 五条楽園 | Comments(0)