人気ブログランキング | 話題のタグを見る


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった山陰の游所
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
亡くなった東海の花街
亡くなったその他の遊所
亡くなった日本の遊郭
亡くなった四国の游所
未分類

以前の記事

2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 01月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

> 花月さん 私も気を..
by gionchoubu at 15:53
ぞめき様 お返事ありが..
by 花月 at 13:14
> 花月さん コメント..
by gionchoubu at 23:52
初めまして、角屋の建築に..
by 花月 at 02:02
お返事ありがとうございま..
by kinsan at 18:15
> kinsanさん ..
by gionchoubu at 21:56
上京の雇中居倶楽部はどこ..
by kinsan at 17:51
> ケルシーさん コメ..
by gionchoubu at 07:51
すみません、最近にぞめき..
by ケルシー at 00:47
気になって町名を調べまし..
by 箕山 at 19:33

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

昭和33年12月の京都府の旧赤線
at 2022-05-27 22:57
西木屋町 乙女倶楽部 その三
at 2022-05-23 09:43
西木屋町 乙女倶楽部 その二
at 2022-05-20 10:24
西木屋町 乙女倶楽部 その一
at 2022-05-06 12:45
甲府若松町の花街
at 2022-04-12 21:04

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

朝代遊郭 後編

朝代遊郭 後編_f0347663_19421393.jpg


                     一若さんの芸妓姿

貸座敷とは便利な言葉で、芸娼妓の置屋、揚屋、又は兼営の家等を総称しており、女郎屋から祇園のお茶屋まで総てを指すことが出来るのです。逆に貸座敷だけではそれが、妓楼なのか、待合なのか、はたまた島原の揚屋なのか区別が出来ない事にもなります。

昭和四年刊、上村行彰著の『日本遊里史』の付録に、その頃の日本全国の遊廓所在地、俗称、貸座敷数、娼妓数からその病院所在地等々が記された表があります。芸妓数が載らないのですが、芸妓が所属する置屋や芸妓が入るお茶屋は貸座敷の総数に含まれる事になります。

完全な花街、つまり娼妓が一人もいなかった東京の新橋、赤坂や大阪の北新地はこの表から省かれており、つまり、この表に載っている花街は当然遊廓の側面を持っていたことになります。

京都府を例にとれば、

俗称    貸座敷数     娼妓数
上七軒    33        2
北新地   112      470 (五番町)
祇園甲部  408       86
祇園乙部  215      262 (祇園東)
宮川町   359      314
島原     93      237
先斗町   196       33
七条新地  208      987
中書島    67      234
北恵美須   13       51 (撞木町)
橋本     27       60 
朝代     41       53 (舞鶴)
加津良    25       78 (舞鶴)
猪崎     54      127 (福知山)
龍宮     34      205 (舞鶴)
新浜     41       42 (宮津)

つまり、朝代には当時、四十一軒の貸座敷があり、五十三人の娼妓さんがいた事になります。
朝代が送り込みだった事を考え、貸座敷は芸妓置屋、お茶屋、娼妓置屋、妓楼でなりたっていることを踏まえると、当時の朝代に娼妓置屋一軒に対し8人娼妓が所属とするとすれば、娼妓置屋ざっと7軒、置屋一軒に対して2軒の妓楼と考えれば妓楼数14軒、娼妓関係の貸座敷21軒、是を貸座敷総数から引くと20軒が芸妓関係の貸座敷で、25%が置屋と考えると5軒が芸妓置屋、お茶屋が15軒、芸妓(舞妓、地方)が8人所属したとして、多分40人ほどの芸妓さんがいたと私は推察しました。

廓内の千野宮神社に昭和三十年九月再建、朝代貸席組合と掘られた玉垣に当時の貸座敷の名が連なります。貸席は以前京都で揚屋の事を指していたのですが、ここでは貸座敷の意味で使われており、藤ひさ、中徳、朝代芸妓一同、いろは、君の家、天橋楼、一文字、はな、すみ家、朝代睦会一同、国の家、紅春?、ふみ家、霞月楼、胡蝶、三島家、松竹、梅の家などの名前が並びます。

朝代遊廓は昭和三十一年売防法成立から三十三年の同法完全施行の間に花街として営業を続けましたが、昭和四十年の中頃その歴史も閉じることになったのは、矢張り時代の流れというものでしょう。

*昭和三十四年の『京都名鑑』に朝代お茶屋組合、お茶屋十七、芸妓十八、昭和三十八年版に芸妓十三とありました。(2016、3月七日付記)

昭和四十年頃、お茶屋一文字のお抱え芸妓として立方をされていた一若姐さんが、現在、かつての一文字と朝代検番の直ぐ並びでお料理屋さんをされていますので、手料理とコーヒーを楽しみながら朝代花街のお話をお聞きすることができました。

朝代の踊は若柳で峰山と同じ流派、宮津の新浜の花柳流もありましたが、こちらは町のお嬢さんがよくお稽古をされていたようです。其の他花月という舞台のある料理屋、さわい楼というよく賑ったお茶屋、玉垣に刻まれたふみ屋は大手の芸妓置屋であったとの事です。一若さんの時代には芸妓の検番のみのはずですが、娼妓の検番というのもあったと記憶されていました。前回画像を載せた歌舞練場は全く記憶にないそうで、必要な際は空き地に櫓を立て踊ったそうです。歌舞練場は相当昔に無くなったのでしょう。

一若姐さんの一文字は玉垣にも名前を留め、朝代でさわい楼と人気を競ったお茶屋で、お抱え芸妓が八人いたそうです。このお茶屋一文字は朝代の人達の心に強く刻まれているようで、『舞鶴市西地区歴史的建造物調査報告書』にその外観の写真が載り、『西舞鶴の街角と渚の風景』の、平成十三年に描かれた『朝代界隈』というスケッチにも、お茶屋一文字の看板を掲げた勇姿を偲ぶ事が出来ます。

検番の隣にあった一文字は何年か前、台風で屋根が破損して取り壊され、現在検番ともども駐車場になっています。尚、朝代の路地に印象的な三階建てのお宅がありますが、一若さんによると、遊廓とは関係のない、素人さんのお宅のようです。

一若さんは、宮津新浜の名妓、から代姐さんの事もよくご存知で、先日私がお会いした事を告げると、大変懐かしんでおられました。

朝代遊郭 後編_f0347663_19495620.jpg
                        朝代の街並み
朝代遊郭 後編_f0347663_19521076.jpg
                       一若さんのお店


by gionchoubu | 2015-04-03 19:52 | 京都の花街・遊廓 | Comments(0)