花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
遊廓、花街の類形
京都の花街・遊廓
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
未分類

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

> narahimuro..
by gionchoubu at 16:26
花街ぞめき様へ 元..
by narahimuro at 18:15
> narahimuro..
by gionchoubu at 14:16
> あきさん コメ..
by gionchoubu at 14:51
本当に詳しく、有難うござ..
by あき at 21:27
花街ぞめき様へ 元林院..
by narahimuro at 22:47
> やまねさん し..
by gionchoubu at 12:40
河原町四条の蝶類図鑑は常..
by やまね at 11:23
> やまねさん そうで..
by gionchoubu at 12:36
ちなみに プログレががん..
by やまね at 22:56

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

奈良、花街、初瀬 
at 2018-12-11 15:55
花街 元林院ぞめき 三
at 2018-12-09 12:56
花街、元林院ぞめき 二
at 2018-12-06 12:58
上七軒 大文字 勝奈さん その四
at 2018-12-05 12:24
花街 元林院ぞめき 一
at 2018-12-02 17:25

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

赤襟を返す


f0347663_11335344.jpg
                                 都をどりにて
歌舞伎『助六由縁江戸桜』をご覧いただくと、揚巻を中心にズラット並んだ吉原の花魁たちの見事な艶姿、この花魁たちが、それぞれ豪華な衣装で並ぶ中、皆一様に赤襟を返す姿が、色とりどりの着物姿に、見事なアクセントを付けているのに気づかれることでしょう。

この赤襟を返すのは本来島原の太夫の風習ですが、歌舞伎の世界では、どうしたものか、東も西も遊女の証しと見なされているようで、遊女の側面の強い大阪歌舞伎での茶屋の娘は赤衿を返しますが、同じ場面に出る仲居さんなどは襟を返しません。

そもそも、何故島原太夫が赤襟を返すかは、遊女の最高位であった昔の島原太夫は、十万石の大名と同位の正五位の官位を持ち、禁色の赤を身にまとっていることを見せ、御所に入所出来る事をアピールしていると言われています。

ですから、官位と無縁な花魁さんなどが、赤襟を返すのは、一種のファッションのようなもので、歌舞伎の世界でも花魁が赤襟を返すのに眉をひそめる人もいました。

不思議な事に、京都五花街のうち、祇園甲部の都をどりと、先斗町の鴨川をどりの芸妓(以前舞妓と書きましたが芸妓との御指摘受けましたので書き換えました)さんのみが、幕間のお茶席でこの赤襟をかえすのです。

実は明治十年、京都の花街が、博覧会協会が仙洞御所の酔花亭にてお茶席を設けたことが有り、この時編み出されたのが、椅子を用い海外の方にもお茶を楽しんで頂くための立礼式で、現在五花街の〜踊りのお茶席は皆、この立礼式(りゅうれいしき)の作法で接待しています。

この時島原太夫も抹茶の接待をしましたが、もし、その京都の花街が祇園と先斗町の芸妓のみであり、島原太夫の赤襟の風を取り入れたと考える事は出来ないでしょうか?

ただ、この二花街の芸妓の赤襟が御所でお茶席を設けたことによるものか、どの文献で見たことも、聞いたこともなく、私が密かに思っていることだけで、何も証拠たるものが無いのであしからず。(実際関係者に、そんな馬鹿なと一笑された事があります、ただ理由は説明されませんでした。)

さて、そもそも、この太夫の襟返しですら、いつからあったものか触れているものに出会った事がなく、江戸期の太夫の絵姿を見ても、この赤襟に出会った事は、私の経験としてありません。

五年程前、常照寺の「吉野太夫花供養」で、質問コーナーみたいな場があったので、おそるおそる、如月太夫にこの質問をしました。

太夫もご存知なく、きっと私のことを、眼鏡の「面倒くさい奴がいる」と思ったに違いないのですが、表向きはにこやかに、しかも毅然と「こんどお会いしたとき屹度お答えしようぞ。」みたいな事を太夫言葉でおっしゃいました。

ところが向こうは正五位、こっちは平民、個人で太夫にお花をつけるなんて、とてもとても・・・

「今度って、一体どういう状況なんだよ〜」と言いたい気持ちで一杯です。

参照:京の花街「輪違屋」物語、高橋利樹

f0347663_11343530.jpg
                                    如月太夫


by gionchoubu | 2015-01-26 11:35 | 舞妓・芸妓 | Comments(6)
Commented by さつき。 at 2015-07-08 15:26 x
襟を返して下から赤を見せている太夫の絵…。確かにない気がします。太夫が、下着というか間着、または襦袢?の赤い色を打掛の下から見せている絵というのは、江戸後期の祇園井特や山口素絢の絵にあります。見た目まぎわらしいです。一瞬襟を返して赤を見せているかのように見えます。逆に幕末明治以降の太夫さんの写真で襟を返していない妓はいない気がします。あるいは↑のような絵や美意識に影響されて、幕末前後に生まれた新しい伝統かもしれない と思いました。推測のいきですが。
Commented by さつき。 at 2015-07-08 15:27 x
鴨川をどり、都をどりで襟を返されてるのは黒紋付きで地毛結い島田の芸妓さんです。鴨川をどりでは、舞妓も黒紋付きですが、舞妓は襟を返していません。芸妓さんだけのスタイルと思います。細かい話で失礼しました。
Commented by gionchoubu at 2015-07-08 18:05
>さつき様、コメント有難うございます。
私も、確証はありませんが、太夫さんの赤襟は一種のファッションで、幕末かそれこそ明治以降の風習だと思います。井特さんや、山口素絢の絵は機会があれば見たいものです。
都をどりと鴨川をどりの赤襟、芸妓さんでしたか、舞妓さんとばかり思いこんでおりました。ご助言大変感謝します。間違った情報をそのままにしておけないので、ブログも訂正させて頂きます。(ほかでも随分間違えをしていると思います。)本当に有難うございます。
Commented by さつき。 at 2015-07-16 16:41 x
祇園井特や山口素絢の絵は、ネット検索でも拝見できます。 上のどちらかの名前 + 太夫 で探してみてください。 わりと代表格の絵なのかもしれません。
お茶席の芸妓さんは一見舞妓と紛らわしいですが、前髪を白い髪で括り、帯をお太鼓に結んでいます。宮川町では姉さん舞妓がお点前しますが
Commented by さつき。 at 2015-07-16 16:47 x
続き 帯はだらり、髪型は奴島田、襟は返してない、と徹底しています。
Commented by gionchoubu at 2015-07-16 17:59
ホントだ!山口素絢の雪見太夫も、特に祇園井特の婦女と幽霊図では、とても素人でなさそうな美人が意識的に赤襟を見せていますね・・・今後とも、よろしければ御教示下さい。有難うございます。