人気ブログランキング | 話題のタグを見る


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった山陰の遊所
亡くなった大阪の遊所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の遊所
亡くなった東海の花街
亡くなったその他の遊所
亡くなった日本の遊郭
亡くなった四国の遊所
未分類

以前の記事

2024年 03月
2023年 01月
2022年 11月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 01月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

お懐かしゅうございます。..
by gionchoubu at 15:17
信じていただけるか分かり..
by とし彩 at 01:20
> 花月さん 私も気を..
by gionchoubu at 15:53
ぞめき様 お返事ありが..
by 花月 at 13:14
> 花月さん コメント..
by gionchoubu at 23:52
初めまして、角屋の建築に..
by 花月 at 02:02
お返事ありがとうございま..
by kinsan at 18:15
> kinsanさん ..
by gionchoubu at 21:56
上京の雇中居倶楽部はどこ..
by kinsan at 17:51
> ケルシーさん コメ..
by gionchoubu at 07:51

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

女郎うなぎ福助
at 2024-03-04 19:14
新居、芸妓置屋小松楼
at 2023-01-11 11:10
鳴門の遊廓・花街
at 2022-11-14 10:22
昭和33年12月の京都府の旧赤線
at 2022-05-27 22:57
西木屋町 乙女倶楽部 その三
at 2022-05-23 09:43

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

助六の由来

助六の由来_f0347663_14424471.jpg
六条三筋時代の遊女で歴史に名を残したものに揚巻(あげまき、総角を充てる事もあり)がおります。この実在の傾城を江戸の吉原に移したのが歌舞伎『助六由縁江戸桜』の三浦屋揚巻で、主人公の助六も同じく吉原に置き換えられていますが、本来京都の中京に住んでいた侠客でした。

元和年間、六条三筋の丹波屋の遊女であった揚巻は容色・才芸に秀でており、助六とは相思相愛の仲でした。ある日助六は陶要人(すえかなんど)の陰謀を知り、要人の一味と酒を飲む機会があったのでその非を説きました。

しかし要人の仲間は激昂して刀を抜いたので、助六は数人を倒し、一人を捕まえ奉行に差し出したのですが、これを恨んだ要人達は助六が酒を飲んでいるときに不意をうって殺してしまったのです。

これを悲しみ泣かし明かした揚巻は、助六の友人灘波屋治助に助太刀を頼み、六条三筋で要人が豪遊した時、治助が隙を見て羽交い締めにすると、揚巻は手にした懐剣で要人を刺し、見事敵をとりました。

面白いのはここからで、今コンビニでも買えるお寿司の定番で「助六」というものがありますが、この由来が「揚巻」にあると言うのです。つまりアゲの稲荷寿司とマキ寿司のセットでアゲマキ=助六というものです。

もう一つ、この頃廓で出来て、居酒屋などで出会う言葉を紹介します。

江戸初期、六条三筋に来た遊女候補生は、徳川に敗れた豊臣側の武家の娘もおり、彼女達の折り目の良さが、傾城、太夫たちの質を高め、客筋もそれに答えるものでした。

小さい頃から、先輩遊女の下で、禿として諸芸、諸道を習い、和歌俳諧にまで通じ、これを習得するには何年も掛かるのですが、まれにこのコースによらず、つまり禿時代を経ず一本立ちする娘もいました。

彼女達は突出しと呼ばれ、姉さん遊女でなく、置屋の楼主や妻が教育しました。
居酒屋で最初に出てくる「ツキダシ」の語源です。

ちなみに時代は分かりませんが、料理屋で出てくる「おとうし」や、皆さんおすし屋さんの言葉と思っている醤油を「ムラサキ」と言うのも実は廓(さと)言葉です。


by gionchoubu | 2014-10-16 14:46 | 京都の遊里 | Comments(3)
Commented by 植松 at 2014-10-22 01:59 x
歌舞伎の助六は江戸のイメージですが、
上方の芝居『紙子仕立両面鑑』には清水の場に助六が出ます。
珍しいお芝居です。
わたしは昭和62年10月に国立劇場にて13代目片岡仁左衛門さんの上演を見ました。
Commented by gionchoubu at 2014-10-22 12:28
>植松様
今年の顔見世は藤十郎の恋、七段目、鳥辺山心中と京の花街特集みたいですね。
是非行きたいのですが、たぶん仕事で行けないのが残念です。
Commented by 植松 at 2014-10-22 14:33 x
おっしゃる通り、今年は宮川町(藤十郎の恋)、祇園町(七段目)と地元の花街ですね。
最近に廃業されたお茶屋桝屋さんが藤十郎の恋のモデルと聞いたことがあります。
宮川町は今のうちに古いことを聞いておくべきと思っています。
とくに一見茶屋のことは50年以上前ですので、70歳以上でないと分からないと思います。
祇園東はおふくさんというおでん屋さんが廃業されて寂しいです。