人気ブログランキング | 話題のタグを見る


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった山陰の遊所
亡くなった大阪の遊所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の遊所
亡くなった東海の花街
亡くなったその他の遊所
亡くなった日本の遊郭
亡くなった四国の遊所
未分類

以前の記事

2024年 03月
2023年 01月
2022年 11月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 01月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

お懐かしゅうございます。..
by gionchoubu at 15:17
信じていただけるか分かり..
by とし彩 at 01:20
> 花月さん 私も気を..
by gionchoubu at 15:53
ぞめき様 お返事ありが..
by 花月 at 13:14
> 花月さん コメント..
by gionchoubu at 23:52
初めまして、角屋の建築に..
by 花月 at 02:02
お返事ありがとうございま..
by kinsan at 18:15
> kinsanさん ..
by gionchoubu at 21:56
上京の雇中居倶楽部はどこ..
by kinsan at 17:51
> ケルシーさん コメ..
by gionchoubu at 07:51

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

女郎うなぎ福助
at 2024-03-04 19:14
新居、芸妓置屋小松楼
at 2023-01-11 11:10
鳴門の遊廓・花街
at 2022-11-14 10:22
昭和33年12月の京都府の旧赤線
at 2022-05-27 22:57
西木屋町 乙女倶楽部 その三
at 2022-05-23 09:43

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

吉野太夫

吉野太夫_f0347663_11271399.jpg
                    吉野太夫花供養、常照寺
吉野太夫を称し「なき跡まで名を残せし太夫、前代未聞の遊女也」『好色一代男』井原西鶴

六条三筋時代以前の太夫の中には学問もあり、諸芸に通じ、貴賓の相手としても恥ずかしくない教養を身に付けている者もいて、遊女ながら優れた文化遺産の担い手として後世に名を残した例もありました。

その中でも別格とされるのが吉野太夫で、本名を徳子といい、父は武家の松田武右衛門、慶長十一年(1606)京大仏の近くで生まれ、七歳で六条三筋の置屋林与次郎に預けられました。林与次兵衛は再三触れる林又一郎別名と書かれている本がありますが、どうでしょう、私の考えでは又一郎は六条三筋に入らず野に下った人で、別人だと思うのですが・・・

吉野太夫は禿名を林弥といい益子肥前太夫に仕えたが、あまりの美貌に出雲松江城主堀尾忠晴の助言もあり十四歳にて太夫に昇進、吉野伝曰く「才智深く心情篤く、容顔艶麗にして花を欺き、一度口を開けば心融けざる者なく、一度見えて迷わざるなし」名妓、二代目吉野太夫の誕生です。

吉野太夫が通じていたのは、歌道、連化、文学、音楽では琴、琵琶、笙、茶道、香道、挿花、貝合、碁・・・知恵深く、酒席の席のとり持ちが上手で「ふたつなき心を君にとゝめ置きて 我さへ我にまよひむるかな」などの歌を残しました。

その美しさは、太夫十八人の大寄があり、晴れの日という事で、各太夫とも最高の輝くばかりの衣装で現れたが、吉野がでてこない、何でもお客につきあい明け方まで起きていたとの事、使いをだして呼びにやると、寝乱れ髪に白綾の肌着、黒の上衣に紫の帯という姿で現れたが、余りの美しさに、並み居る着飾った太夫が口も聞けない程だったといいます。(色道大鑑、扶桑列女伝)

その盛名は明の国まで届き、李湘山という男から恋文と一遍の詩が送られてきました。それには「日本曾聞吉野名 夢中髣髴覚猶驚 清容未見恨無極 空向海東数鴈行」と書かれていました。寛永四年(1627)の夏の出来事です。

その人柄を表す逸話に、駿河守金綱という刀鍛冶の弟子が吉野を人目見てとりこになり、一心に働いた金で吉野太夫に会いにいったが門前払い、それを聞いた吉野太夫が哀れに思いその弟子を招いて一夜をすごした。満足した弟子は「今は世に思い残すことなし」と桂川に身投げをしました。

その後、寛永八年、灰屋紹益という文化人が二十六になった吉野を身請け、彼にとって有頂天の時が流れますが、寛永二十年(1643)吉野は亡くなってしまいます。悲嘆にくれた紹益は「都をば花なき里になしにけり 吉野は死での山にうつして」と手向けの句を読み、彼女の遺灰をことごとく酒に混ぜて飲んでしまったそうです。

まだ吉野が六条三筋の太夫だった頃、汚い坊主が揚屋に現れ「吉野を見せろ」「いや見せない」と押し問答になり、それを聞きつけた吉野が自ら身を現すと、その坊主は満足して信徒から借りた百銭を置いて帰りました。不思議に思った吉野が後をつけさすと、その坊は日蓮宗常照寺住職乾上人という高僧、以後吉野は深く乾上人に帰依し、吉野はこの寺に葬られました。

毎年春、里の桜が散る頃、吉野太夫花供養が常照寺で催される由縁であります。



by gionchoubu | 2014-10-12 11:33 | 京都の遊里 | Comments(0)