人気ブログランキング | 話題のタグを見る


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった山陰の遊所
亡くなった大阪の遊所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の遊所
亡くなった東海の花街
亡くなったその他の遊所
亡くなった日本の遊郭
亡くなった四国の遊所
未分類

以前の記事

2024年 03月
2023年 01月
2022年 11月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 01月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

お懐かしゅうございます。..
by gionchoubu at 15:17
信じていただけるか分かり..
by とし彩 at 01:20
> 花月さん 私も気を..
by gionchoubu at 15:53
ぞめき様 お返事ありが..
by 花月 at 13:14
> 花月さん コメント..
by gionchoubu at 23:52
初めまして、角屋の建築に..
by 花月 at 02:02
お返事ありがとうございま..
by kinsan at 18:15
> kinsanさん ..
by gionchoubu at 21:56
上京の雇中居倶楽部はどこ..
by kinsan at 17:51
> ケルシーさん コメ..
by gionchoubu at 07:51

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

女郎うなぎ福助
at 2024-03-04 19:14
新居、芸妓置屋小松楼
at 2023-01-11 11:10
鳴門の遊廓・花街
at 2022-11-14 10:22
昭和33年12月の京都府の旧赤線
at 2022-05-27 22:57
西木屋町 乙女倶楽部 その三
at 2022-05-23 09:43

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

林又一郎

林又一郎_f0347663_11351614.jpg
              祇園ねりものでお馴染みの長秀による大阪新町のねりもの姿
元和三年(1617)十一月にも、六条三筋町は大阪の町人八郎兵衛、伏見の餅屋権尉、伏見の銭売えいらくや、むさしと言う寺のあんと、出雲の禰宜の藤十郎、大仏(大和大路七条)の甚三郎という旅籠屋、甚右衛門という町人を無免許遊女屋として告発しています。

同じ頃、三筋町は西洞院まで拡張され、女歌舞伎を主催しつつ遊女集団でもあった興業集団を吸収して六条三筋の西半分に一町を設け、揚屋町、太夫町と名づけました。ちょうどこの頃、江戸で最初の吉原(古吉原)が誕生するのですが、六条から麹町に進出した業者は京町を開きました。この少し前、名古屋城築城のさい、徳川家康の許可の下、長くは続きませんでしたが、飛田屋町廓ができたのですが、この時も六条三筋の業者が手をかしています。

ところが、女歌舞伎の本締である林又一市郎は柳に風で三筋町には合流せず野に下ったままで、元和四年、前回の告発が一向に実を結ばない状況に業を煮やした業者は再度又一郎を訴えでました。その内容は、一、町中で太夫と名づけ傾城屋を営業している、一、四条河原で表向き風呂屋だが一月に一度も風呂を焚かず遊女を置いている、一、さらに旅籠屋名目で遊女屋を営業している、と、税金を納める三筋側にとって非合法遊里は死活問題でもあるので、とにかく又一郎何とかしてくれという思いが文面から伝わります。

いったい林又一郎とはどういう男だったのでしょう。彼が歴史に顔をみせるのは、慶長元年(1596)伏見田町に遊女屋を開いていることからです。その二年後に柳町二条開業に手をかすのですが、これは遊廓作りのノウハウを主宰者である原三郎左衛門に請われたものでしょう。

又一郎のもう一つの顔は遊女歌舞伎の興業者としてのそれで、遊女歌舞伎が始まった頃、慶長十五年(1610)すでに加藤清正に招かれ林又一座を率いて熊本まで遠征しています。遊女歌舞伎そのものは寛永六年(1629)、あまりに扇情的という事で幕府に禁じられるのですが、それまで四条河原の芝居小屋で爆発的な人気を得ました。

多くの本にこの又一郎が寛文十二年(1672)年に嶋原の扇屋お抱えの有名な夕霧太夫を連れて大阪の新町遊廓に移ったと言われていますが、仮に伏見で遊廓を開いたのが、二十歳としても、大阪に移ったのが100歳近くになるので、私は大阪に渡ったのは又一の息子が同じ名を名乗のり、二代目又一郎として大阪にのりこんだと推測しています。

夕霧は『好色一代男』の中で、「神代このかた、類なき御傾城の鏡」と言われ、
あらゆる芸道に通じ、行儀作法も非の打ちようがなく、その美しさは芙蓉が霧を含んでいるようだと持て囃された名太夫でした。又、歌舞伎役者の名跡に林又一郎がありますが、これは初代又一郎を祖宗としたものです。

余談になりますが、同じ大阪で、秀吉の大阪城建設の際して多くの伏見町人が移住してできたのが、現伏見町で、これと境界を保つのが道修町です。じつはかつて道修町と伏見町の間に又市町がありました。又一郎とつながるものは何も見出せないのですが、築城に遊里はつきもの、大阪に移り住んだ伏見町人が、この仮初の遊里(これも記録には有りません)にちなみ、地元のスーパースターである又一の名を附けた・・・こんな妄想が頭をよぎるほど、又一郎の行動はダイナミックなものでした。又一郎は又市と表記されることもあったのです。

参照:以前の参照に加えて、『大阪の町名』清文堂


by gionchoubu | 2014-10-05 11:44 | 京都の遊里 | Comments(0)