人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

姫路の白線と花街
at 2019-12-16 16:27
姫路 梅ヶ枝遊廓
at 2019-12-12 14:14
姫路 夢前新地とアルサロ
at 2019-12-08 12:17
室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

宮川町ぞめき 五

宮川町ぞめき 五_f0347663_15560287.jpg
そして天保十三年(1842)、水野越前守忠邦の政策、いわゆる天保の改革で日本中、古来免許を受けた以外の遊廓は禁じられ、京都では遊女、芸者家業は島原、中書島、撞木町以外は祇園を含めてすべて廃止、もしくは島原へ転入を命ぜられ、当然宮川町も例外ではありませんでした。

しかしわずか八年後の嘉永四年(1851)祇園、二条新地、上七軒、七条新地については所司代脇坂淡路の守は京都の経済政策の一環として、島原の支配化の条件で復活を許したのですが、嘉永七年に当の島原が大火に会い、島原から仮宅として宮川町に移る業者も出、とうとう安政六年(1859)宮川町は七条新地の出店としての営業を認められたのです。

尚、このとき同時に先斗町、五番町、五条橋下も遊女屋茶屋渡世の正式許可が下りました。

その後、慶応三年(1687)九月、京の他の廓ともども、年三千両の冥加金上納を幕府に申し出ると翌月「全遊所今後無年限営業許可」の申渡しを受けることになるのですが、翌年幕府は倒れ明治になりました。

『四方の花』によれば慶応三年宮川町には住よし屋、池桝屋、立花屋、京井筒屋、浪華屋に合せて芸子36人、舞子18人、義太夫芸妓15人、遊女68人の名が載ります・

維新の頃は祇園と共同組合を作ったりしていたものの、まもなく宮川町は独自の営業体を取るようになりました。

明治五年、祇園の都をどり、先斗町の鴨川をどり(明治六年とする記述も有り)が催されるに当たって、さらにその年宮川町の宮川おどりも計画段階にあり、先斗町遊廓由緒でも開催をほのめかしていますが、実際に催された証拠となるような記録はないようです。

この頃宮川町が府提出した京都府下遊廓遊所の地図によれば、宮川町の区域は宮川筋一丁目から七丁目と西御門町になります。

明治六年4月、宮川町遊女婦女職工引立会社が開設されますが翌年下京第二十区女紅場と改称、明治二十四年二月、宮川町芸妓有志、鴨東婦人慈善会を結成して貧民救助のため積み立て開始の記録があります。その他明治二十九年に宮川町の箱丁(いわゆる芸妓衆の身の回りの世話をする箱屋)が増給要求でストライキを起こしています。

この間、明治十一年七月に大西亀太郎によって出された『都の花競』によると、同六月八日に届けがあった宮川町二丁目に芸妓春勇、鶴葉、瀧鶴、鶴代、三丁目に芸妓玉勇、勇香、君松、三代菊、品栄、栂尾、舞妓喜多、四丁目に芸妓歌勇、歌松、君勇、小富、小栄、歌鶴、絹松、辰路、春栄、君松、梅勇、絹尾、菊葉、義太夫芸妓春吉、宇之吉、舞妓小絹、五丁目に芸妓鶴代、秀松、西御門町に芸妓小峰の名を見ることが出来ます。

明治二十八年刊『京都土産』所載の遊廓一覧に宮川町に貸座敷百五十三軒、芸妓九十八人、娼妓百七十八人、屋形四十九軒、本年以後宮川踊を催すの計画ありの記述とともに、著名貸座敷として平井常、辰巳楼、富田楼、安部楼、万喜楼、竹村屋、駒風楼、和田梅楼が載りました。





by gionchoubu | 2014-07-28 16:07 | 宮川町 | Comments(0)