人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

姫路の白線と花街
at 2019-12-16 16:27
姫路 梅ヶ枝遊廓
at 2019-12-12 14:14
姫路 夢前新地とアルサロ
at 2019-12-08 12:17
室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

祇園東ぞめき 三

祇園東ぞめき 三_f0347663_12471883.jpg
その後、祇園は祇園廻り・祇園社境内・祇園の三地区で呼ばれる様になるのですが、天正十年『言経卿記』あたりからこのあたりの茶屋の記述が見え始め、江戸時代初頭の元和年間に所司代板倉勝重が祇園、八坂、北野、に茶屋を認めるとすぐ茶立女の名目で遊女体の女が現れました。

これが遊廓そして花街としての祇園の歴史の始まりとなります。この流れで言えば、歌舞伎でおなじみの『鳥辺山心中』のヒロイン、おそめこそ歴史上祇園に現れた最初の女の一人と言えるかもしれません。。

この物語は寛永三年、三大将軍家光が上陸の際同行した、二条普請奉行の軽輩、菊池半九郎という二十一才の若侍が、九月二十九日、祇園の水茶屋の娘、十七歳のおそめとの別れをおしみ、鳥辺山の井戸に身をなげた実説をもとにしたものですが、おそめは茶屋の娘で=遊女という設定は、真実を知るすべはないにしても、少なくとも近松の時代にはごく自然な設定だったことが分かります。

応仁の乱後消失した祇園が復興するのは四条通りをはさんだ南側、北側、そして八坂神社の南側の清井町が最初ですが、その後寛文六年(1666)川端町、宮川町一丁目、中之町、弁財天町、常磐町、二十一軒町、今の南座辺りから四条をはさんだ縄手、川端通り間の北の部分が開発された外六町(そとりくちょう)が祇園新地と呼ばれ、さらに正徳三年(1713)清本町、林下町、元吉町、末吉町、富永町が開発され、これが内六町(うちりくちょう)、又は新家(しんや)と名づけられたのですが、この内六町のうち林下町殆どすべてと、清本町の一部、祇園町北側の一部が現在の祇園東の領域で、外六町に祇園東を除いた内六町があらたな祇園新地となり、今の祇園甲部の北側を形成しています。

つまり祇園東が田畑から誕生したのがいまからちょうど三百年前になるのですが、この内六町に(非公であれ)遊廓を形成する上でかかせない要素。茶屋渡世三十株が許されたのが享保十七年(1732)、その上納金で大和橋をかけかえました。ただし末吉、清本、富永町に人家が立ち始め、青楼が並ぶのは延享(1744)以降とされます。つまり遊郭としての祇園東が渡世を始めたのは江戸時代の中ごろとみていいでしょう。


この新地開発と株の関連をみると、これを最も得意としたのが大阪の町で、近世の大阪の歴史は新堀の掘削と、それに伴う新地開発の歴史といっても過言ではありません。

為政者はここぞという場所に堀を通すと、煮売株、旅籠株、湯屋株、茶屋株、芝居株などの権利をトランプのカードを切るが如く新地開発の尖兵として送る込み、上手に手が揃えば、曽根崎新地(北之新地)、堀江新地、島之内などの見事な役ができ、大阪の代表的な遊所に育ちました。

祇園に話を戻せば、すでに南座あたりは元和年間(1615~1624)七つの芝居小屋の興行師に櫓が許されており、大阪と前後開発されていったのですが、内六町には松湯町(現在の切り通しから巽橋まで)、薬湯町(現在の花見小路、四条上がる)などの名が昔の文献で散見するのですが、文政時代の『鴨東佳話』に祇園町に大和湯、松湯、薬湯、亀湯の四箇所の混堂(風呂屋か湯屋)が有ったと記されますので、新地開発の後、こういった株が与えられたのでしょう。

ちなみに、江戸期において風呂屋とは蒸し風呂であり、お湯に入るのが湯屋でした。

さて、祇園東はかつて膳所裏と呼ばれていたのですが、これは膳所藩の筋横通称膳所裏を中心に栄えたためで、現在で言うと富永町通りの東(東富永町)、四条通りの一本北、即ち祇園会館南の筋から花見小路までをいいます。

膳所藩邸は東大路(かつての小堀通り)、新橋通りのすこし南、花見小路(かつての薬湯町通り)の少し北、富永町通りにかこまれた四千三百五十坪の土地で、万治二年(1650)十月に創建された江州膳所藩本多の京屋敷で、亀山、篠山、高槻、郡山各藩と共に御所の守護と御所火の番を将軍より仰せ付かりました。

昔から遊郭では火事が多く、これは世をはかなんだ遊女が火をつける事も原因の一つで、吉原炎上が江戸大火の八割を占めたこと、吉原原因による吉原全焼二十一回の内十三回が遊女の手によるものとされた事を考えると、ここ祇園の密集地に消防の役目を与えられた膳所藩を置いたのは、あるいは幕府にそういう意図が働いていたのかもしれません。


by gionchoubu | 2014-07-17 12:51 | 祇園東 | Comments(0)