人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

姫路 梅ヶ枝遊廓
at 2019-12-12 14:14
姫路 夢前新地とアルサロ
at 2019-12-08 12:17
室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49
室津遊郭
at 2019-11-24 13:51

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

祇園ねりもの 二十六


                                 明治十五年年の番附
f0347663_14174107.jpg

明治十四年は祇園が甲部、乙部(現祇園東)分裂問題でねりものは行なわれませんでした。

明治十五年 この年も前年の騒ぎが尾を引き、七月の神輿洗いにねりものは催されず、替わりに九月の二十八日と九日に八坂神社に紅幕を奉納するため、俄(にかわ)ねりものが行なわれました。先行燈 園の賑、先囃子 神楽、三味線五人、鼓一人、太鼓二人、練り子九名、妹背山おみわ(斉藤つい)、祇園の油取り(稲原しげ)七草売(鯉岩きた)等九人、後囃子 大和文、三味線二十二人、鉦一人、太鼓三人、後囃子の三味線の多い事は以前もその後も例を見ません。

この後明治二十六年に祇園甲部としては最後のめりものが行われましたが、昭和五年四月一日発行の『技芸倶楽部』で鹿城生氏が過去の祇園ねりものを総さらえされているので、一部抜粋させていただくと、

「ねり物に出る芸者は廓内屈指の美人若くは流行妓たる一流株で、莫大の費用を惜しまず支出し得る後援者のあるものに限ったもの、而して各自好みの扮装を凝らして大道をねり歩いた、前の神輿洗の数日前になると出演者一同足揃へという物を催ふす、是は現今の温習会の開演数日前に大浚へを催す様なもので、出演者は全て新調の本衣装をつけて予演をする」

「ねり物の当夜は伏見街道も大津街道も往来の人で夜通し賑わう、そしてねり物の間沿道は殆ど一般通行止め」「ねり物の出演者一人に対し左右から差出(蝋燭)持と出演者の名前の書た提灯持とが十人ばかり(何れも男衆)と外に女の附添が三四人宛ある、先頭に角行燈を捧げて人夫が行く之を『先行燈』と称し、次には『見附台』と称して石鳥居の造り物を持っていく之についで先囃子の芸者五人が何れも花冠に水干を着し三味を弾きなが歩く是には一人毎に附添一人、提灯持一人、間曳と団扇持ち一人、差出し持一人が附添ふ(後囃子も同様)次が先囃子の屋台に之には同じ冠姿の舞子が太鼓や鉦で囃す、是には一人毎に附添一人、提灯と団扇持一人が附添ふ(後の囃も同様)それからねり子が、順々行列す、是には一人毎に提灯持二人、間曳と団扇持一人、役員一人が附添ふその後には後囃子の芸者が是亦五人花烏帽子に水干を着して三味を弾きながら邌る、次に屋台之には同じ姿の芸妓が太鼓鉦で囃す最後に『見送り台』と称して木で造って神馬が行く」

「維新前ねり物の催しがあると町奉行から与力同心が廓内に陣取って見物かたがた警戒したものである~略~尤も其時まで演芸美人も附添ひも一睡だも為て居らぬのみか十分草臥れているゆえ身体は綿のようになって居る、一方関係の茶屋で前日来大尽が陣取り敵妓の邌行くを見物した後、尚も多くの芸者幇間に取囲まれ飲めよ唄へと騒ぎ散らかして敵妓のねり物を終わるのを待ち受けて居る、其処へ『ヨイヤサ、チョヤサ』と騒々しく遣って来るので酒宴は更に盛んとなりとうとう三日も四日も流連の駄々羅大尽を極めるものも多い。」

同じく『技芸倶楽部』昭和十年六月一日発行で、中神鹿城氏は所望に「しょもう」の振り仮名をつけたうえ「ねり物が街路をねり歩くその途中、此処彼処の家々で見物する馴染のお客から所望々々と唱へてその門先で芸を演ずるに極まってゐたのである。そしてその所望々々の声の一ヶ所でも多くかゝるほどねり子に人気があるとされたもので所望で忙しいねり子と、頓と所望されないねり子とがあって、其処に一入晴れがましい点があったのである。つまり馴染客、ヒイキ客の多いいねり子程所望の声が多くかゝって、其の都度そのねり子を取巻いてゐる世話方その他が多少のご祝儀に予ったもの、尤も所望されたねり子が演芸の間は、他のねり子は間曳に腰を降して所望の済むのを待ってねりだしたのである」と進行の様子を説明しています。
by gionchoubu | 2014-07-08 14:31 | ねりもの Gion Nerimono | Comments(0)