人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24
花街の建物関連焼き物にも..
by こうざん at 22:21
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 15:40
米子灘町遊廓ぞめき 四 ..
by こうざん at 14:41
祭日の一日、貴ブログ八幡..
by こうざん at 14:52
花街関連用語教えていただ..
by こうざん at 00:16
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 16:34
早速お読みいただき有難う..
by こうざん at 12:28
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 10:49

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

京都パンパン赤線時代  七十四
at 2019-07-21 11:58
伊丹湊町の花街と伊丹新地
at 2019-07-16 11:33
花街ぞめき 4
at 2019-07-14 19:10
伊丹の遊郭、花街、青線
at 2019-07-12 11:35
奈良 木辻遊郭ぞめき 四
at 2019-07-08 11:26

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

京都パンパン赤線時代  七十四

f0347663_11571706.jpg

昭和31年6月20日の京都新聞が一面を使って「赤線地帯どの道を生きるか」の記事を載せました。

買春防止法が5月21日国会を通過、施行は32年4月1日、罰則の発行が昭和33年4月1日、買春防止法は国家の意思として「買春は犯罪である」と言い切りました。

“業者は泣きっ面 甘かった法案への認識”

「ほかに重要法案がどっさりある。その方の議論で会期が一パイとなり、よもや今度の議会で買春法が通過することはあるまい。」というのが全国の赤線の大方の観測であったようで、法案が通った5月21日の直後、業者の受けた精神的な打撃は大きく、ラジオの街頭録音でも東京、大阪の市の業者は八つ当たりに当りちらかしていました。

東京の吉原の業者は

「戦後GHQから公娼廃止の覚書が出た時には、日本も敗戦で再出発するのだから、われわれも再出発だと腹をきめていた。

ところが警察を通じて“進駐軍が両家の子女にどんな乱暴をはたらくかわからないから“どうか日本女性のための貞操の防波堤になってくれ”とたのまれ、女には無賃乗車証までだしてくれたのでやっとはじめた赤線だ。

それをわずか十年たらずで刑事犯としてくくろうとは何事だ。」

と憤懣の声をあげました。

京都の七条新地の某幹部の意見

「貞操の防波堤として赤線地帯があるからこそ社会の風紀が保たれてきたのだ。〜略〜買春は古来からあってなくなるものではない。ワクの中に入れておかないと、ワクの外で私娼が跋扈する。

七条新地の外側では既に青線の動きがはなはだしいではないか。衛生設備がないから性病は蔓延する。

フランスがそのいい例だ。結局収拾のつかない状態になって終戦直後と同じようにわれわれに頭を下げてくることは見えすいている。」

日本全国の業者の胸の内を代弁していると見ていいでしょう。

京都赤線業者のこれからの動きは

「営業は自粛しながら現在のままで罰則発行の前日まで続ける。

その間に転廃業や抜け道営業の方法を考える。

買春は根絶出来ないから世論の好転をまつ

全国業者と共同歩調をとって転廃業に対する保証金を獲得する。

税金を軽減してもらう。」

この時店で京都府下従業婦二千四百二十名、赤線業者は千七百四軒ありました。



# by gionchoubu | 2019-07-21 11:58 | パンパン、赤線 | Comments(0)

伊丹湊町の花街と伊丹新地

f0347663_11290619.jpg
                    湊町の花街あたり

伊丹湊町に花街が出来たのは大正の初めらしく、侠客の今井幸吉という男が喧嘩の際刀で切られ左手が不自由になのが渡世の転機になったのか、警察に芸者置屋と検番を開業する旨警察に届けたことから始まりました。その後の伊丹一丁目四の二になります。

置屋として今井、寺本、初音、鳥新、石井、千玉、お茶屋に初音、つたや、とよ吉、ききょう、料理屋にちどり、尼常、他に寿座という芝居小屋もありました。

お茶屋に料理を仕出ししていたのが検番の向かいの寿司善でした。

京都の舞妓にあたるのが“子飼い”という少女で口入屋を通じ親に前借金が渡り、娘は置屋で踊り、三味線、小唄、端唄を習いながら年季奉公しました。

年季が明けると、一人立ちとしての自前の芸者、もしくは、移転先の置屋が元の置屋に引き抜き料として金を積み、その金の一部が芸者の田舎の親に渡り、稼ぎの半分を移転先の置屋、芸妓が残りの半分を取る“半自前”の芸者に区別されました。

昭和の初め湊町に六十人程芸者がいました。

√はやく暮れよと ぬし待つ身には うれし野村の鐘の音

伊丹小唄の一節ですが、この野村の鐘は猪名野神社の北の発音時の鐘でした。

√伊丹よかよか お客がおじゃる おじゃるはずだよ 酒の里

しかし湊町の花街の歴史は短く昭和十六年太平洋戦争が始まると、酒の町が育んだその短い歴史を閉じました。

終戦後、湊町の白雪の富士山蔵の筋向かいの一戸建ての古びた二階を根城にパンパンが三、四人住んでおり、進駐軍のアメリカ兵が夕刻になるとグループで現れ部屋の窓に小石を投げて合図をすると、すぐ降りてきてどこかに連れ立って行ったといいます。

最後に伊丹新地、『占領と平和運動』佐藤公次著の兵庫県篇に

昭和二十四年、坂本市長により保安隊誘致運動が展開され、市の農林六万坪と付属道路の改修費を無償で提供、さらに九万坪の水田をつぶして保安隊兵舎が国費で買い上げられました。

この保安隊用として“伊丹新地”の赤線基地四十軒が設置され遊廓ができたと書かれています。実際は遊廓制度が終了しているので伊丹新地は遊廓でなく、また遊廓後に買春が黙認された赤線でもなく、所謂青線のはずです。

場所は公的な機関の人はだれも首を傾げるばかりで伊丹新地の存在はご存知ありませんでした。

タクシーのご年配の運転手の方は伊丹新地の言葉は頂けなかったものの伊丹市公設卸売市場がその色地域で現在全く痕跡は無いとの事、七、八年前その場所に訪れ町の人にも確認できたので、まずここが伊丹新地だったと思います。

f0347663_11292781.jpg
                     伊丹市公設卸売市場

f0347663_11310710.jpg
                  市場の裏、伊丹新地へ抜ける道だったとの事


# by gionchoubu | 2019-07-16 11:33 | 亡くなった兵庫の游所 | Comments(0)

花街ぞめき 4


f0347663_19112863.jpg
宮川町の駒屋とし菜希ちゃんと写真を撮りました。

枚方出身の16歳です。

# by gionchoubu | 2019-07-14 19:10 | 宮川町 | Comments(0)

伊丹の遊郭、花街、青線

f0347663_11323203.jpg
                      猪名野神社

かつて伊丹には色里が三箇所ありました。それは三本松遊廓、湊町の花街、青線としての伊丹新地です。この三箇所を纏めて記述したものは伊丹市史を含め無く、遺構も無く、町名も変り、どうにもこうにもならない所でしたが、市立図書館のリファレンスの方に協力いただき、何とか概要だけ掴むことができました。

参照資料は、『伊丹公論 復刊第19号、通巻38号』:『聞き書き伊丹のくらし〜明治・大正・昭和』伊丹市立博物館:『醸技(かもしわざ)』小島喜逸著:『伊丹市民俗資料<第四集>伊丹の伝説』伊丹市教育委員会発行:『伊丹郷町物語』発行伊丹市です。

まずは「伊丹三本松 尾のない狐 わしも二、三度騙された」の俗謡で知られた三本松遊廓。江戸時代の寛文・元禄(1661~1704)頃とされるが確かな事は分かっていません、

その場所は市立博物館に所蔵されている地図によると猪名野神社西、伊丹市立図書館ことば蔵の向かい側あたり。古文書によると「北は天王町裏から西は宮崎町裏、南は表町の南北の両側を含む一帯で、青楼は十六軒と決められ、遊女の外出はお達しにより厳禁されていた」となります。

諸国遊所競には最下段にいたみ三本松として載り、猪名野神社の参拝客が支えた門前花街と考えるのが妥当だと思われます。

郷童に「松の女郎達チャ松の間にいつもほお染きてちらほらとゝ」というのもありました。

又、享保・元文・寛延の比に続て三本松の元にあっ娼家は、ふじ市、丹波屋、源太夫、ふしの棚などという娼家もあり、遊女の衣装は「大方五ツ重ねで下着は白帯付きハ綸子の肩裾大もようなるものを着し、下駄のかわりに五まい重ねの草履をはきぬ、自酌をとり糸竹のしらへもったなからてまらうと慰む、其さま賤しからず。」との事です。

又、離楼として野宮鳥井の西表に難波屋、裏にまるや、谷に伏見屋・辻村屋・口谷屋、柳町に丁子屋又兵衛、鍛冶屋町岩印の西にいせ屋、住吉町山の裏に白ふじ伝兵衛などが甍を競いました。

ただし天明の頃、この離楼の遊女と堺町の若者が心中騒ぎを起こしたのがきっかけで市中の離楼は禁止になり引越しや廃業を余儀なくされた模様です。

幕末も麻田藩(豊中市)の武士なども利用したようです。ただし明治になって戸長が潔癖症だとかで三本松の遊廓は廃止になりました。

跡地には伊丹一と言われ百人規模の宴会ができた魚与という料亭がありました。

その後この一帯には芝居や松竹系映画の伊丹劇場があり、その後ストリップ劇場になりましたが、現在、どんな想像力の強い人でもその雰囲気を感じる人はいらっしゃらないと断言できます。

f0347663_11331673.jpg
                     三本松遊郭跡にある不自然な小道


# by gionchoubu | 2019-07-12 11:35 | 亡くなった兵庫の游所 | Comments(0)

奈良 木辻遊郭ぞめき 四

f0347663_11253094.jpg
                        静観荘

『奈良県統計書』によると木辻遊廓は

明治12年 貸座敷19 娼妓89

明治16年 貸座敷16 娼妓152

明治19年 貸座敷14 娼妓129 の推移で移行していきました。

『奈良町風土記 正編』山田熊夫著によると、

明治二十二、三年のころ元林院の同業者が瓦堂町に移り木辻遊廓の一部になりました。

昭和五十七年の『奈良町いまむかし』をみると大正三年十一月二十一日東木辻で奈良市あって以来空前の大火があり木辻の青楼を焼きつくしました。

しかしそのあと好景気になり貸座敷も瓦堂町とあわせ四十二軒になり娼妓も二、三百人になり木辻遊廓は最盛期を迎えたのです。

瓦堂町には江戸期より芝居小屋があり、売防法成立後に一時トルコ風呂も出現しました。

そのころの町の一日は大政官(だいじょうかん)といわれた老夫婦が拍子木を打つところから始まりました。これは“お迎え”と言われ、七時か八時までぐずぐずしていた客を起こすもので、客の中には“花を継ぐ”事により、お昼まで延長しました。

娼妓が店に並ぶのは午後五時ごろから、江戸時代の太夫のような内掛けを着て並びました。これは良く売れる妓から順に玄関口から格子に並んだとの事・・・つまりこの時代に有って珍しい顔見世制度をとっていたようです。

しかしその後、大正の中頃には大和郡山の洞泉寺遊廓がそうであったように県令で写真制に移ったと思います。

昭和五年の『全国遊廓案内』によると、貸座敷三十八軒に娼妓は三百十八人、店は写真制で、居稼ぎ制、廓内に芸者はいないものの料理店に他所から呼ぶことは出来ました。

夜の十二時になると太政官がジャラーと鉄の杖を引きながら町をねり歩き、二時になると太鼓をドンドン叩いて遊女屋が店を閉めました。

さて、今も旅館業を続けておられる静観荘が出来たのは大火の後で当時は岩谷楼という名で木辻では豪奢な庭と玄関口を誇る最大規模で創立当時娼妓二十人に芸者も二、三人居ました。

木辻は戦中も、一寸先は闇、あくる日はどうなるか分からんと言ってくる客が多く流行っていました。

戦後、静観荘には夜中の三時ごろ、ピストルをもったアメリカ兵が慰安場所の下見にきたり、県庁からビールの特別配給がくるようになると、数に限りがあるにもかかわらず「もっとだせ」とアメリカ兵が騒ぎだしたりと、色んな経験が外国人受け入れに役立ったと当時の経営者は語っています。

現在も静観荘には海外の方が多く、同じように京都の七条新地の転業旅館の平岩さんもずっと以前からバックパッカーを中心に現在のブームまでインバウンドを支えてきました。

京都、奈良は修学旅行が多く旅館は、京都の旅館は俵屋、角屋、柊屋、御三家と呼ばれる高級旅館、一般旅館、修学旅行旅館に大別され、基本2食つき、半泊、素泊まり客はシーズン中には歓迎されない状況が長く続きました。

静観荘さんにしろ平岩さんにしろ半泊、素泊まりで気軽に和を体験できる、日本のインバウンド旅館としての魁であったのは事実で、その面に於いても、もっともっと評価されてもいいと思います。

f0347663_11254708.jpg
                      静観荘

f0347663_11260793.jpg
                      瓦堂町


# by gionchoubu | 2019-07-08 11:26 | 亡くなった奈良の遊廓 | Comments(0)