花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

> 今紫さん きん..
by gionchoubu at 12:21
ぞめき様、お久しゅうござ..
by 今紫 at 23:38
> 今紫さん 本年..
by gionchoubu at 11:18
ぞめき様 秋冷の候、お..
by 今紫 at 17:20
> 通りすがりさん ..
by gionchoubu at 17:28
> 今紫さん この..
by gionchoubu at 11:47
暑中お見舞い申し上げます..
by 今紫 at 20:54
> 通りすがりさん コ..
by gionchoubu at 17:43
はじめまして。私の家は昭..
by 通りすがり at 12:58
> 今紫さん そも..
by gionchoubu at 11:16

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

島原、輪違屋太夫 賛姿語録 ..
at 2017-11-16 13:10
京都パンパン赤線時代 四十六
at 2017-11-12 15:10
京都パンパン赤線時代 四十五
at 2017-11-08 14:52
島原、輪違屋太夫 賛姿語録 ..
at 2017-11-05 12:11
島原、輪違屋太夫 賛姿語録 ..
at 2017-11-02 11:58

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

タグ:舞妓のお歯黒 ( 1 ) タグの人気記事

遊里におけるお歯黒 その二

f0347663_12432335.jpg

江戸時代の一般女性の場合、人妻になって眉を剃り落とし、お歯黒にしたのは、既婚であることを一見して分からす事によって世の風儀を守らす効果がありました。

このお歯黒の風習は日本だけでなく、カンボジア、南米の一部、ボルネオ又ロシアにもあったそうですが、これは人種を区別したり、美の象徴として黒歯が好まれたようです。

中山太郎は『売笑三千年史』で、日本のお歯黒は、アイヌ婦人が口辺に入墨をする習俗、琉球婦人の文身の風俗もあわせ、婦人の体内にある経血を除去するという迷信から起こり、もとは百済から伝承されたもの、そのてお歯黒は入墨にとって代わったものだと唱えています。

伊東南堂は『女粧考』に置いて「婦人の歯を染めるは、婚礼定まりて後の事にて、黒色は変ぜざるより、夫婦の間は変わるまじとの義なり。それゆえ歯を染ぬものは狼藉ものなりと古へ言ひし事もあり。」

明眸皓歯という言葉が示すように、つややかな黒歯は美人の条件でもあったわけです。しかしながらその製造保存法は非衛生的なものでした。

お歯黒のつくり方とは、折れた針などを、酢か番茶に浸しておくと鉄分が染み出して黒いドロドロとした液になるり、これをお羽黒壺に貯めておく、歯を染めるときは小皿に取り分け五倍子の粉を混ぜてから鉄漿つけ筆で歯になすりつけた後、水で口をすすぎました。

五倍子の粉はぬるでの病葉を干して粉にしたもので、いわゆるタンニンと呼ばれるものです。

お歯黒と遊里の関係ですが、江戸期、吉原の花魁はお歯黒にしました。何故未婚なのに歯を染めたかは、文献では中々出てこないものの、最後の回に、そのヒントが書かれている、さらにちょっと怖いお話を紹介させて頂きます。

吉原では、時代により、付ける時期が多少違いましたが、新造か袖留(少女時代を脱した遊女)になれば、歯を染めました。

多くの遊女が歯を染めたあと、口を濯いだので、お歯黒どぶという真っ黒などぶが有り、落語の噺にも出てくるのでご存知の方も多いと思います。

さて、江戸期に置いて、一般的に既婚の女性の証しであったお歯黒を何故、祇園や上七軒の舞妓さんが、芸妓さんになる前の二週間前だけ髪をさっこうにしてお歯黒にするのでしょう?

それは、さっこうは昔の若奥さんの髪型、お歯黒も勿論既婚の象徴、舞妓さんは当然、芸妓さんも結婚をすれば、この世界を去らねばならないので、せめてしばし若奥さんの姿を本人に味わってもらいたい、という花街の親心から来ているといいます。


by gionchoubu | 2015-03-05 12:45 | 遊郭・花街あれこれ | Comments(0)